シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究指導演習A
(Master's Thesis Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV010 



授業の
目標
Course
Objectives
美術、アートを中心とする視覚的な表現(物)に関する研究動向を理解し、種々の資料を批判的に読み、適切に修士論文に使用する方法を学び、論文の完成をめざす。 
In this seminar students will come to grasp current state of research on the fields of art and visual studies, learn how to read critically and use effectively findings and data when writing their master thesis.  
授業の
内容
Course
Contents
受講生の研究計画を沿って、研究動向の把握、資料の収集と批判、適切な研究手法の援用、論文の執筆法などを指導する。 
Guidance and advices will be given on : the assessment of the state of research, ways in which necessary sources and documents should be collected and evaluated, methods to be employed or writing skills of theses, based on the research plan of each student.  
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:履修生の研究計画の確認 
2. 修士論文指導① 
3. 修士論文指導② 
4. 修士論文指導③ 
5. 修士論文指導④ 
6. 修士論文指導⑤ 
7. 修士論文指導⑥ 
8. 中間報告 
9. 修士論文指導⑦ 
10. 修士論文指導⑧ 
11. 修士論文指導⑨ 
12. 修士論文指導⑩ 
13. 修士論文指導⑪ 
14. 期末報告(最終レポート含む) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自判断して、必要な準備、復習など遂行すること。
初回に研究計画を発表すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、中間報告(30%) 、各回での参加度(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
随時参考文献等は紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP