シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究指導演習A
(Master's Thesis Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 松下 佳世(MATSUSHITA KAYO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV014 



授業の
目標
Course
Objectives
通訳翻訳分野で修士論文や課題研究に取り組むにあたって必要となる基礎的知識を身につけ、自ら関心を持ったテーマについて適切な方法論に基づいた予備的調査を行い、成果を発表する。 
This course aims to acquire the basic knowledge needed to write a master’s thesis or conduct a research project in translation and interpreting. Students will carry out a preliminary investigation on a chosen topic using appropriate methodology and present the key findings at the end of the semester. 
授業の
内容
Course
Contents
通訳翻訳分野で修士論文を執筆または課題研究を実施するための土台作りとして、前半は、過去のプロジェクトを参考にしながら、研究への取り組み方を段階を追って学ぶ。これらの理解に基づき、中間報告では、自らの研究の構想を発表し、今後の研究の方向性を示す。後半は、実際に予備的調査を実施し、その中で出てきた課題についてディスカッションを交えながら考えを深める。学期末には、学びの成果を研究発表の形で共有するとともに、研究報告書にまとめて、修士論文・課題研究の本格実施に向けた道筋をつける。 
As a groundwork for writing a master’s thesis or carrying out a research project in translation and interpreting, the first half of the semester will be spent on learning from previous projects while receiving guidance from the instructor on how to conduct research. Students will utilize knowledge gained during this period to present an interim report outlining their research plan and the possible way forward. In the second half, students will carry out preliminary investigations and formulate research questions by discussing issues that arise during the process. At the end of the semester, students will share their findings and learning outcomes in the form of an oral presentation, which will become the basis of their final report.  
授業計画
Course
Schedule
1. 修士論文・課題研究とは 
2. 通訳翻訳分野におけるこれまでの修士論文・課題研究 
3. テーマ設定の方法およびリサーチ・クエスチョンの立て方 
4. 資料の検索方法と先行研究の調べ方 
5. 研究方法と理論的枠組みの検討 
6. データの集め方と分析の手法 
7. 中間報告(構想発表) 
8. 予備的調査の実施1 
9. 予備的調査の実施2 
10. 調査結果の報告とディスカッション1 
11. 調査結果の報告とディスカッション2 
12. 研究発表の方法 
13. 学生による研究発表とフィードバック 
14. まとめと研究報告書の提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献講読、予備的調査などを自らのペースで進めること。また、進捗状況について、面談時またはメール等で適宜報告すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席とディスカッションへの貢献(30%) 、授業内発表(30%) 、研究報告書(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Claudia V. Angelelli & Brian James Baer  Researching Translation and Interpreting   Routledge  2016  9780415732543 
その他(Others)
必要に応じて、適宜資料を配付する。
参考文献
Readings
受講者の研究テーマに応じて適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP