シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究指導演習B
(Master's Thesis Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 浜崎 桂子(HAMAZAKI KEIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV032 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文作成に向けて,研究テーマ,研究方法の明確化を図るとともに,資料の探し方,解釈の仕方,論文執筆の具体的な方法等,論文作成に必要な基礎知識と能力を身につけ,論文執筆を実践する。 
In preparation for writing a master's thesis, along with clarifying their research theme and methodology, students will acquire basic knowledge and skills needed for writing and structuring an academic paper. They will also learn the methods to read and analyze research materials and relevant literature.  
授業の
内容
Course
Contents
文化接触,混淆の具体的現象を研究対象に,理論的枠組,分析,考察する方法,対象についての専門知識を踏まえながら,先行研究,および研究方法の動向を理解したうえで,研究テーマ,方法を具体化する。受講者は研究テーマに関連する先行研究のレビュー,研究対象についての調査成果を発表し,議論をしながら論文執筆に関する具体的な指導を行う。 
The aim of the course is to precisely determine a research topic and method. To achieve this goal, we read texts on theoretical foundations, research methods, and scientific discussions relating to cultural contacts and cultural hybridity. Students will review relevant research and present their own research.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 研究テーマの設定1 
3. 研究テーマの設定2 
4. 先行研究について1 
5. 先行研究について2 
6. 先行研究について3 
7. 研究方法1 
8. 研究方法2 
9. 研究方法3 
10. 論文の構成1 
11. 論文の構成2 
12. 論文の構成3 
13. 学術的記述の方法について 
14. 振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(討論,質疑応答など)(50%) 、報告およびレポートなどの提出物,各種テスト(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
指導の中で,担当教員が適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
フィードバックは随時授業内で行う。
対面授業とオンライン授業の回数については、履修者と適宜相談のうえ決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP