シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究指導演習B
(Master's Thesis Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 小山 亘(KOYAMA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV039 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義は、修士論文・課題研究作成に向けて、研究と論述の基本的な手法を修得することを目的とする。 
Students will strive to clarify research themes and methodologies, learn methods of writing academic papers, acquire other basic expertise and skills required to write master’s theses, and practice academic writing. 
授業の
内容
Course
Contents
コミュニケーション関連科目、その他、各自の研究領域に関連する科目の履修によって得られる専門知識の習得・蓄積を前提としつつ、自らが特に関心を抱く具体的な研究テーマを設定し、それについての先行研究、課題、理論、研究方法などを充分に把握することなどを通して、研究テーマを継続的に再検討、練磨する。随時、自らの研究テーマについての報告・発表を行い、論文執筆に向けて具体的な知識を習得していく。 
In this course, students will acquire further knowledge and enhance their understanding of the current state of their research on their chosen topics. They will closely examine their research themes and methodologies and justify their relevance to their research interests. Additionally, students will be required to deliver a presentation on their selected research topics and develop the skills of writing an academic paper. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義の概要 
2. 研究テーマについての検討(1) 
3. 研究テーマについての検討(2) 
4. 研究テーマについての検討(3) 
5. 研究テーマについての検討(4) 
6. 調査法についての検討(1) 
7. 調査法についての検討(2) 
8. 調査法についての検討(3) 
9. 調査法についての検討(4) 
10. 理論的枠組・分析方法についての検討(1) 
11. 理論的枠組・分析方法についての検討(2) 
12. 理論的枠組・分析方法についての検討(3) 
13. 理論的枠組・分析方法についての検討(4) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(50%) 、報告・提出物など(50%)
テキスト
Textbooks
教室にて配付
参考文献
Readings
教室にて指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
なし 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP