シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習A
(Master's Thesis Supervision A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV064 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業の目標は、受講者が各自の修士論文を完成させるために必要な知識やスキルを身につけることである。具体的には、受講者が各自設定したテーマについて理解を深め、研究デザイン、研究方法についての知見を深めることができる。 
The objective of these lessons is for students to learn the necessary knowledge and skills to complete their master’s dissertations. Specifically, students will be able to deepen their understanding of the topics they have selected while improving their knowledge of research design and methods. 
授業の
内容
Course
Contents
受講者が設定した研究テーマを遂行するために必要な文献購読、研究を進めるための調査や実験のデザインに対する指導を中心に行う。毎回の授業は、受講者がそれまで進めた研究報告を軸として行う。また、言語教育研究、言語研究に利用される調査や実験方法について具体例を示しながら説明するとともに、統計を使った分析方法の基礎も概観する。 
The content will focus on teaching students about the required literature for pursuing their research topics and the survey or experiment designs needed to conduct their research. Each lesson will focus on having students report their current research progress. The lessons will also explain the survey and experiment methods used in language and language-teaching research through concrete examples and by outlining the fundamentals of statistical analyses. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、修士論文とは何か 
2. 学術論文の構成 
3. 理論および先行研究の重要性 
4. 研究をデザインする 
5. 調査① 
6. 調査② 
7. 実験① 
8. 実験② 
9. 統計分析① 
10. 統計分析② 
11. 結果の書き方 
12. 分析、考察の書き方 
13. 最終報告会① 
14. 最終報告会② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自、設定した研究テーマに沿って、文献調査を主体的に進め、毎回の授業には進捗状況を報告できるようにしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の進捗報告(40%) 、最終報告書(40%) 、進捗報告プレゼン(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)授業は各受講者が主体となるディスカッションを通して行われるため、受講者は各自が自分のテーマについて自発的に調べ、発表することが求められる。
2)各参加者のプレゼンテーションについては、次の回の授業でフィードバックを行う。
3)連絡事項、資料の配付などはBlackboardを通して実施する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP