シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習A
(Master's Thesis Supervision A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 小山 亘(KOYAMA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV069 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義は、修士論文・課題研究に関する調査・作成を行い、その手法を習得することを目的とする。 
To prepare for the writing of a master’s thesis related to language, culture, and communication, students will learn how to interpret and evaluate research methods and findings through an advanced reading of literature. Students will then begin writing their thesis.  
授業の
内容
Course
Contents
修士課程一年次に行った研究の成果(テーマ・方法論・研究デザインの設定、文献調査、データ収集とその分析など)を報告・検討した上で、主に個別指導を通して、データ収集や文献調査を継続しつつ、修士論文・課題研究の草稿の執筆を開始する。 
While re-examining their research themes, methodologies, research designs, data, and analyses, students will proceed with their own research by delivering several progress reports on data collection, description, and analysis in accordance with their research designs. Guidance will also be provided through discussions on ways of analyzing the data as well as on the possible implications of the study.  
授業計画
Course
Schedule
1. 概要 
2. 学術論文の構成・リサーチについて(1) 
3. 学術論文の構成・リサーチについて(2) 
4. 学術論文の構成・リサーチについて(3) 
5. 研究テーマについて(1) 
6. 研究テーマについて(2) 
7. 研究テーマについて(3) 
8. 調査法について(1) 
9. 調査法について(2) 
10. 調査法について(3) 
11. 理論的枠組・分析方法について(1) 
12. 理論的枠組・分析方法について(2) 
13. 理論的枠組・分析方法について(3) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(50%) 、報告・提出物など(50%)
テキスト
Textbooks
教室にて配付
参考文献
Readings
教室にて指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP