シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習B
(Master's Thesis Supervision B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 日下部 尚徳(KUSAKABE NAONORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV117 



授業の
目標
Course
Objectives
古典から最新の研究まで、国際開発学領域の理論的な枠組と方法論、具体的な開発問題について、履修者の関心に応じて取り上げ、口頭発表やディスカッションを通して分析・検討し、修士論文に関連する議論を深める。また、履修者各自の修士論文執筆を充実したものとするための相談や議論の場とする。
 
To the latest from the classic ones, methodology, development issues, and theoretical framework of the international development area, is taken up following the interest of the person of study, to analyze and study through discussion and oral presentations. It is a place of discussion and consultation to the one you enrich the master's thesis writing their person of study. 
授業の
内容
Course
Contents
国際協力,途上国の開発に関する具体的現象を研究対象に,理論的枠組,分析,考察する方法,研究対象についての専門知識を踏まえながら,先行研究および研究方法の動向を理解したうえで,研究テーマ,方法を具体化する。受講者は研究テーマに関連する先行研究のレビュー,研究対象についての調査成果を発表し,議論をしながら論文執筆に関する具体的な指導を行う。  
This course aims to help students precisely determine a research topic and method for their thesis. To achieve this goal, students will have to engage with texts on theoretical foundations, research methods, and scientific discussions relating to international cooperation and development. Students will review relevant research and will present their own ideas for research.  
授業計画
Course
Schedule
1. Orientation 
2. Education and Academic Writing 
3. Education and Academic Writing 
4. Education and Academic Writing 
5. Preparation for Presentation 
6. Preparation for Presentation 
7. Presentation 
8. Reflection and Wrap-up 
9. Presentation 
10. Reflection and Wrap-up 
11. Presentation 
12. Reflection and Wrap-up 
13. Academic Writing(final check) 
14. Final presentation 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(討論,質疑応答など)(50%) 、報告およびレポートなどの提出物,各種テスト(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
指導の中で,担当教員が適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
フィードバックは随時授業内で行う。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP