シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV153/コミュニケーション研究基礎論
(Introduction to Communication Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石黒 武人(ISHIGURO TAKETO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 7204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC5330 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV153 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業の目標は、コミュニケーション研究に関する様々な知見に触れながら、コミュニケーションを研究する上で必要となる基礎的な知識を身につけることを目的とする。 
The aim is to acquire the basic knowledge and perspectives required for conducting communication research by reading a wide range of literature in Communication Studies and related fields.  
授業の
内容
Course
Contents
コミュニケーション学とその他の関連分野におけるコミュニケーション研究を取り上げながら、コミュニケーションを学術的に分析する際に求められる視点、概念ならびに理論・モデルを学んでいく。併せて、コミュニケーション研究の歴史や最近の研究動向についても取り上げる。 
By focusing primarily on communication research in the areas of Communication Studies and some related fields, we will learn major perspectives, concepts, and theories/models needed to conduct communication research. We will also learn the historical development of Communication Studies as a field of research and familiarize ourselves with recent trends in the field. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業概要、コミュニケーション研究のテーマとアプローチ 
2. コミュニケーション研究の歴史と系譜 
3. コミュニケーションとは何か? 
4. 記号としての言語:意味生成のプロセス 
5. コミュニケーションの非言語的要素 
6. アイデンティティと対人コミュニケーション 
7. 集団・組織とコミュニケーション 
8. コミュニケーション教育 (communication education):コミュニケーション能力を再考する 
9. パワーとコミュニケーション 
10. メディアとコミュニケーション 
11. 異文化コミュニケーション 
12. 日本における異文化コミュニケーション教育の今日的課題 
13. 環境とコミュニケーション 
14. 期末レポート発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
大学院科目ということもあり、授業外での受講者の積極的かつ自発的な取り組みが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加・貢献度(レポートを除く各種提出物を含む)(30%) 、口頭発表(20%) 、小レポート(20%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
なし。適宜資料を配布もしくは紹介する。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP