シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV155/グローバル文化研究基礎論
(Introduction to Global Cultural Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ハンス・ベルティンクを読む 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 9301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC5430 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV155 



授業の
目標
Course
Objectives
幅広い学際的な美術論・視覚表現論を展開してきたハンス・ベルティンクの論考を複数読み、今日の美術研究の射程と方法について学ぶ。 
Through a reading of various texts written through the years by Hans Belting, this course aims at grasping the breadth of the field and methods of art and visual studies today. 
授業の
内容
Course
Contents
ゴシック期イタリアの壁画の政治的・社会的機能の分析を皮切りとして、美術史の終焉の提唱を経て、キリスト教聖像と信仰、イメージの起源、イスラーム・アラブ世界と西洋美術の関係、グローバルな世界美術、ドイツ美術の問題等、多彩なテーマを学際的な視点から論じてきたハンス・ベルティンクの論考に親しむ。 
We will read a variety of texts of Hans Belting in order to familiarize ourselves with his wide-ranging interest and train of thoughts on art and image. His subjects include: the social and political function of Italian gothic painting, a possible end of art history, Christian image and cult, the origins of the image, relation between the East and the West, a global contemporary art, or problems concerning German art, among many others.  
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 講読「美術史の終焉?」① 
3. 講読「美術史の終焉?」② 
4. 講読The Image and Its Public in the Middle Ages① 
5. 講読The Image and Its Public in the Middle Ages② 
6. 講読Likeness and Presence① 
7. 講読Likeness and Presence② 
8. 講読Likeness and Presence③ 
9. 講読The Invisible Masterpiece① 
10. 講読The Invisible Masterpiece② 
11. 講読Face and Mask① 
12. 講読Face and Mask② 
13. 講読The global contemporary and the rise of new art worlds① 
14. 講読The global contemporary and the rise of new art worlds② 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テクスト教材は各論考の抜粋をコピーとして配布する。原典はドイツ語であるが、英語訳または和訳を使用する。配布教材はあらかじめ読んでおくこと。各テクストの講読では、著者ベルティンクの視点や方法論について討論する予定である。なお、使用テクストは大学図書館にも配架されている。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業参加度(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP