シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV156/国際協力・人類学基礎論
(Foundations of International Cooperaiton and Anthropology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地域研究、文化人類学のアプローチ 
担当者 (Instructor) 石井 正子(ISHII MASAKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 9204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC5330 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV156 



授業の
目標
Course
Objectives
武力紛争、暴力についての地域研究、文化人類学のアプローチについて理解する。
国際社会の支援と、その受け手の人びととの関係性について理解できるようになる。
 
To be able to understand the approaches of the Area Studies and Cultural Anthropology in analyzing the armed conflict and violence.
To be able to understand the phenomenon of interaction between the humanitarian assistance of international society and the people who receive the assistance. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、武力紛争および暴力を生きる人びと、それに対する国際社会の支援、および両者の関係に対する地域研究および文化人類学のアプローチを学ぶことに主眼を置きます。三部構成で展開することを予定しており、第I部では、地域研究のアプローチ、第II部では文化人類学のアプローチ、第III部ではジェンダーと暴力についての地域研究のアプローチを紹介します。ただし、受講生の関心により、内容を変更する場合があります。 
This course will introduce the approaches of the Area Studies and Cultural Anthropology in analyzing the people who live through armed conflicts and various violence, humanitarian assistance provided by the international society, as well as the relation between the two. The first part will introduce the approaches of the Area Studies on armed conflicts and humanitarian assistance. The second part discusses the approaches of Cultural Anthropology in analyzing the violence. The last part deals with the approaches of the Area Studies on gender and violence. The content of the course is subject to change according to the interests and the levels of students.  
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 武力紛争・人道支援:地域研究のアプローチ 東南アジアの例1 
3. 武力紛争・人道支援:地域研究のアプローチ 東南アジアの例2 
4. 武力紛争・人道支援:地域研究のアプローチ 東アフリカの例1 
5. 武力紛争・人道支援:地域研究のアプローチ 東アフリカの例2 
6. 暴力:文化人類学のアプローチ 上からの平和構築、下からの平和構築 
7. 暴力:文化人類学のアプローチ 日常的平和 
8. 暴力:文化人類学のアプローチ 国家に抗する社会 
9. ふりかえり 
10. ジェンダーと暴力 第三世界フェミニズム 
11. 宗教と文化 
12. 女性隔離規範 
13. 名誉殺人 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に定義示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および参加度(40%) 、レポート(60%)
テキスト
Textbooks
特にありません。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 福武 慎太郎・堀場 明子(編)  『現場(フィールド)からの平和構築論:アジア地域の紛争と日本の和平関与』   勁草書房  2013   
2. 湖中真哉・太田至・孫暁剛(編)  『地域研究からみた人道支援─アフリカ遊牧民の現場から問い直す』   昭和堂  2018   
3. ピエール・クラストル著、渡辺公三訳  『国家に抗する社会:政治人類学研究』   白馬書房  1987   
4. 岡真理  『彼女の「正しい」名前とは何か:第三世界フェミニズムの思想』   青土社  2000   
5. ライラ・アブー=ルゴド (著), 鳥山純子 ・嶺崎寛子 (訳)  『ムスリム女性に救援は必要か』   書肆心水  2018   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
適宜、授業中に紹介します。
感染症の影響により、一部または全部をオンラインで実施する場合があります。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP