シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV159/言語コミュニケーション研究基礎論
(Introduction to Language and Communication Research) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 中田 達也(NAKATA TATSUYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 4403(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC5130 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV159 



授業の
目標
Course
Objectives
修士課程レベルの言語コミュニケーション研究を行う上で必要な知識を習得し、自立した研究者としての基盤を確立することを目指す。具体的には、先行研究を批判的に考察した上で研究テーマを設定し、データを収集、研究成果を論文として発表する能力を養う。 
The purpose of this course is to prepare MA students to conduct independent research in language and communication studies. Specifically, students will learn to (a) critically evaluate extant literature, (b) formulate research questions, (c) collect data, and (d) publish their findings in the form of academic papers. 
授業の
内容
Course
Contents
修士課程レベルの言語コミュニケーション研究を行う上で必要な知識を、講義および演習を通して学ぶ。講義中で扱う具体例は主に英語教育を念頭に置いているが、それ以外の分野を研究対象とする受講生にも十分な配慮を行う。 
Through lectures and hands-on sessions, this course aims to help students learn the foundational knowledge and skills required to conduct MA research in the field of language and communication studies.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. Turbocharge your writing today 
3. Waiting for the motivation fairy 
4. 研究計画の立て方 
5. 妥当性と信頼性1 
6. 妥当性と信頼性2 
7. 記述統計1 
8. 記述統計2 
9. 推測統計 
10. Literature reviewを書く 
11. 論文執筆1 
12. 論文執筆2 
13. 文献管理と引用 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、課題(40%) 、クラスへの貢献度などの平常点(30%)
テキスト
Textbooks
PDFで配布する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業の内容によっては、ノートパソコンを持参することが望ましい場合があります。その場合は事前に指示します。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP