シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV202/言語コミュニケーション研究特殊講義B
(Seminar in Language Communication Research B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 高橋 里美(TAKAHASHI SATOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 5212(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV202 



授業の
目標
Course
Objectives
第二言語習得の認知心理学的側面を扱った研究テーマのうち,「注意と気づき」に焦点を当て,同研究分野についての基礎的かつ包括的な知識を獲得する。 
Students will gain fundamental and comprehensive knowledge of “attention and awareness in second language acquisition (SLA),” one of the central issues of the cognitive and psychological approaches to SLA. 
授業の
内容
Course
Contents
第二言語習得研究の認知心理学的アプローチの中心的な研究テーマである「注意と気づき」に焦点を当てる。具体的には,まず,注意と気づきの理論的背景について理解し,その後,実証研究をとおして同認知プロセスと明示的・暗示的学習との関係を探っていく。学期の前半は第二言語形態統語論に関する実証研究を扱うが,後半は第二言語語用論の実証研究の成果を検証し,第二言語語用論的能力の習得における注意と気づきの役割について考察する。 
This course will focus on “attention and awareness in SLA,” one of the central issues of the cognitive and psychological approaches to SLA. Specifically, students will familiarize themselves initially with the theoretical backgrounds regarding attention and awareness in SLA; then, they will gain an in-depth understanding of the relationships between these cognitive processes and explicit/implicit learning based on the outcomes of previous related empirical studies. In the first half of the semester, we will examine the findings of empirical studies that deal with morphosyntactic aspects. In the second half of the semester, we will shift our focus to pragmatics, exploring the role of attention and awareness in the acquisition of second-language pragmatic competence. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 理論的背景(1) 
3. 理論的背景(2) 
4. 第二言語形態統語論:実証研究(1) 
5. 第二言語形態統語論:実証研究(2) 
6. 第二言語形態統語論:実証研究(3) 
7. 第二言語形態統語論:実証研究(4) 
8. 第二言語語用論:実証研究(1) 
9. 第二言語語用論:実証研究(2) 
10. 第二言語語用論:実証研究(3) 
11. 第二言語語用論:実証研究(4) 
12. 第二言語語用論:実証研究(5) 
13. 最終レポートについての発表(1) 
14. 最終レポートについての発表(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、課題提出および口頭発表(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
プリント配布。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Mitchell, R., Myles, F., & Marsden, E.  Second Language Learning Theories Fourth Edition   Routledge  2019  978-1-138-67141-6 
2. VanPatten, B., & Williams, J.  Theories in Second Language Acquisition: An Introduction Second Edition   Routledge  2015  978-0-415-82421-7 
3. Ortega, L.  Understanding Second Language Acquisition   Hodder Education  2009  978-0-340-90559-3 
4. Taguchi, N., & Roever, C.  Second Language Pragmatics   Oxford University Press  2017  978-0-19-420058-5 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1.授業では学生への質問も活発に行う予定なので、積極的な受講態度が期待される。
2.初回は対面実施とし,以後は履修者との相談により決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP