シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV204/言語コミュニケーション理論
(Theories of Language Communication) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 文也(ISHIKAWA FUMIYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6140 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV204 



授業の
目標
Course
Objectives
言語学の基礎的知識を(再)確認し,大学院博士前期課程の授業で扱う内容の理解を深めるための基盤を(再)構築することを目的とする。 
The goal of this seminar is to review the fundamental knowledge of linguistics, and to create and reinforce the foundation for furthering understanding of content introduced in master’s program classes at this university. 
授業の
内容
Course
Contents
20世紀初頭に萌芽的学問として記号論の枠組みの中に生まれ,それを包括するものとして定義された言語学はその後,どのように発達したのか。言語学の登場は,西洋世界が培ってきた伝統的な人間科学の知の体系にどのような修正を加え,あるいは加えなかったのか。さらには,今日の言語学は,現代の人間科学の知の体系の中にどのように位置づくのか。このような問題を提起しながら,言語学と密接なかかわりを持つ人文社会科学の諸分野との関係を考察し,言語学のエピステモロジーを明らかにしていく。授業では主に学生によるテキストの輪読と報告をおこなう。 
How has linguistics evolved from its origination as a budding field of study within the framework of semiotics in the early 20th century into the comprehensive study that defines that framework? How has the advent of linguistics changed (or not changed) the system of knowledge of traditional human science cultivated in the Western world? In addition, how does linguistics currently fit into the system of knowledge of contemporary human science? Students will tackle problems of this nature as they consider the relationships between linguistics and various, closely related fields in the humanities and social sciences to gain a clearer view of the epistemology of linguistics. Classes are structured around students taking turns reading texts and giving reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ことばの科学の見取り図(1) 
3. ことばの科学の見取り図(2) 
4. 言語の研究 
5. 語の構造 
6. 文の構造 
7. 語の意味(1) 
8. 語の意味(2) 
9. 文の意味 
10. 言語の類型 
11. 言語の変化 
12. 音の構造(1) 
13. 音の構造(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回の授業で各回のための準備学習を指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(討論,質疑応答など)(50%) 、報告およびレポートなどの提出物,各種テスト(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 風間喜代三 ほか  『言語学』(第2版)   東京大学出版会  2004  978-4-13-082009-7 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業中に配付するプリントあるいはメイルの添付ファイルなどによって随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
やむを得ず休講となった場合,内容を繰り下げて補講日に補講をおこなうか,それに代わる課題を出す。
学生の報告あるいは提出物について,口頭あるいは筆記によってコメントする。
各回の授業形態については、初回授業(対面形態)において周知する。学期期間中に、新型コロナウイルスの感染拡大などによって開講形態を変更せざるを得ない場合は、前もって速やかに周知する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP