シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV305/通訳翻訳教育論
(Teaching Translation and Interpreting) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 武田 珂代子(TAKEDA KAYOKO)
山田 優(YAMADA MASARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 6304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6243 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV305 



授業の
目標
Course
Objectives
日本内外における翻訳通訳教育の歴史、主要な理論、研究、課題について理解する。 
To understand the evolution of translator and interpreter training as well as main concepts, research findings and issues in contemporary translator and interpreter education in Japan and abroad. 
授業の
内容
Course
Contents
翻訳通訳教育の歴史をふりかえり、世界の高等教育機関で実践されている体系的翻訳通訳教育の諸相を考察する。特に、翻訳通訳教育の下敷きとなる理論、学生の選抜、カリキュラム、指導方法、評価などに焦点を当てる。また、日本の翻訳通訳教育の現状に照らし、外国語教育と翻訳通訳教育の関係や日本固有と思われる翻訳者・通訳者養成の仕組みや指導法も検討する。さらに、学部生向け一般教育としての翻訳通訳リテラシー教育について触れる。 
To review the evolution of translator and interpreter training and examine various aspects of systematic translator and interpreter training at higher education in the world. Particular attention is paid to the underlying theories, student selection criteria, curricula, teaching methods and assessment issues. In light of the practice of teaching translation and interpreting in Japan, discussion is also aimed at the relations between translator and interpreter training and language education and at the structure and teaching methods unique to translator and interpreter training in Japan. Further, translation and interpreting literacy as part of the general education curriculum for undergraduate students is examined. 
授業計画
Course
Schedule
1. 翻訳通訳教育の歴史 
2. プロフェッションの社会学 
3. 専門職教育の構成要素 
4. 通訳教育:アプローチとカリキュラム 
5. 通訳教育:学生の選抜 
6. 通訳教育:指導法と評価 
7. 翻訳教育:概論 
8. 翻訳教育:翻訳者コンピタンスとは(EMTなど) 
9. 翻訳教育:国内の翻訳教育 
10. 翻訳教育:シンギスト、翻訳テクノロジー 
11. 翻訳教育:外国語教育と翻訳教育 
12. 翻訳教育:カリキュラムとシラバス 
13. 翻訳通訳リテラシー教育 
14. 学生のプレゼンテーション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への貢献(30%) 、中間レポート(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 武田珂代子編著  『翻訳通訳研究の新地平』   晃洋書房  2017  9784771028135 
その他(Others)
その他、適宜資料を配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ジル, D 著  『通訳翻訳訓練』   みすず書房  2012  4622076780 
2. マンデイ, J. 著  『翻訳学入門』   みすず書房  2009  4622074559 
3. ポェヒハッカー,F. 著  『通訳学入門』   みすず書房  2008  4622074125 
4. 鳥飼玖美子編著  『よくわかる翻訳通訳学』   ミネルヴァ書房  2013  4623067270 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
TI@Rikkyo http://www2.rikkyo.ac.jp/web/ti-rikkyo/
Kayoko Takeda's publications http://works.bepress.com/kayoko_takeda/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP