シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV310/通訳実習
(Interpreting Practicum) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
Final course of the Conference Interpreter Training Program 
担当者 (Instructor) 松下 佳世(MATSUSHITA KAYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6243 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV310 



授業の
目標
Course
Objectives
現実の通訳プロジェクトに参加して、それまでに学んだ通訳理論や演習で習得した通訳スキルを実践に生かすことで、実務に慣れ、職務倫理を理解し、プロの通訳者としての意識を身につける。 
Participate in a real interpreting project and become familiar with actual work, gain an understanding of workplace ethics and develop professional awareness specific to the job of an interpreter by practically utilizing previously studied interpreting theory and interpreting skills acquired in various courses. 
授業の
内容
Course
Contents
このコースは、「会議通訳入門」、「会議通訳1」、「会議通訳2」のすべてを履修済みの学生を対象とする。

初回の授業では、実習の目的と実習を通じて獲得すべき技能や職業意識について理解する。また、立教大学における通訳・翻訳のサービスラーニングプロジェクト「RiCoLaS」や、各種インターンシップ、その他実習の場として活用できる機会について理解する。それらの理解に基づき、各自の目指すべき到達地点について検討する。 また、実習報告書の書き方についても確認する。

実習期間中は、実習内容について①各自の目標②目標達成に向けた課題③実際の成果を記録する。最終授業では、全体のまとめとなる口頭による最終発表に加えて、完成した実習報告書を提出する。 
This course is for students who have already taken all of the following three courses: “Introduction to Conference Interpreting,” “Conference Interpreting 1,” and “Conference Interpreting 2.”

Students will first develop an understanding of the aims of practical training and the abilities/professional awareness that should be acquired through practical training. In addition, students will learn about Rikkyo University’s translation and interpreting service-learning project “RiCoLaS,” as well as a variety of internships and other opportunities for gaining practical work experience. Based on the understanding gained in the aforementioned areas, individual targets that students will aim to reach will be decided. Students will also learn how to write a practical training report.

During the practical training period, details of the training should be recorded including, a) one’s own goals, b) tasks toward achieving one's goals, and c) actual outcomes.

In addition to giving final oral presentations summarizing the whole process, students will submit their completed practical training reports at the end of the semester.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 実習計画発表 
3. 実習 
4. 実習 
5. 実習 
6. 実習 
7. 実習 
8. 実習 
9. 実習 
10. 実習 
11. 実習 
12. 実習 
13. 実習 
14. 最終発表と実習報告書の提出
*計画は実習の状況に応じて変更されることがある 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自、プロジェクト計画に沿った実習を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実習内容(30%) 、中間・最終発表(30%) 、実習報告書(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 松下佳世  『通訳になりたい!ゼロからめざせる10の道』   岩波書店  2016  4005008305 
その他(Others)
参考文献
Readings
適宜必要に応じて配付する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP