シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV401/異文化コミュニケーション研究特殊講義A
(Seminar in Intercultural Communication Research A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
コスモポリタン主義と異文化コミュニケーション研究 
担当者 (Instructor) 河合 優子(KAWAI YUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2021年7月3日付時間割変更(変更理由:授業形態が対面からオンラインに変更のため)
 [変更前]5203(Room)   
テキスト用コード (Text Code) VV401 



授業の
目標
Course
Objectives
コスモポリタン主義の概念的議論の流れを歴史的に理解し、異文化コミュニケーション研究と文化的コスモポリタン主義の関連性を批判的に検討する 
Students will understand the historical trajectory of conceptual discussions about cosmopolitanism and critically examine connections between cultural cosmopolitanism and intercultural communication studies. 
授業の
内容
Course
Contents
コスモポリタン主義はこれまで政治的、倫理的、文化的な文脈で概念的な議論がなされてきた。この授業ではまず古代ギリシャ時代にさかのぼるコスモポリタン主義の議論の流れを概観した後、1990年代以降の社会学、文化人類学、文化研究、政治学、哲学等で議論されてきたコスモポリタン主義の議論をその関連概念とともに検討する。それを踏まえ、異文化コミュニケーション分野の理論・概念をいくつか取り上げ、コスモポリタン主義の視点から検討していく。 
Cosmopolitanism has been discussed and conceptualized from political, ethical, and cultural perspectives. This course first introduces students to an overview of conceptual discussions about cosmopolitanism starting in the ancient Greek period. Then students will examine cosmopolitanism by focusing on discussions that have been conducted since the 1990s in multiple academic disciplines such as sociology, anthropology, cultural studies, political science, and philosophy. Subsequently, looking into several intercultural communication theories and concepts, students will explore connections and disconnections between those theories and concepts and cosmopolitanism.  
授業計画
Course
Schedule
1. コスモポリタン主義とは 
2. 古典的コスモポリタン主義理論 
3. 現代的コスモポリタン主義理論 
4. コスモポリタン倫理 
5. コスモポリタン主義とシティズンシップ 
6. コスモポリタン主義と多文化主義 
7. コスモポリタン主義と異文化コミュニケーション研究 
8. コスモポリタン主義とアイデンティティ 
9. コスモポリタン主義と文化適応理論 
10. コスモポリタン主義と異文化コミュニケーション能力理論 
11. コスモポリタン主義と異文化感受性モデル 
12. コスモポリタン主義と第三文化構築モデル 
13. 期末レポート計画発表 
14. 期末レポート相互レビュー 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必ず課題文献を読んだ上で授業に参加すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・授業参加貢献度(20%) 、口頭発表(20%) 、小レポート(20%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
毎回の授業で小レポートを提出してもらいます。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Delanty, Gerard  The cosmopolitan imagination   Oxford University Press  2009  978-0521695459 
その他(Others)
その他の課題文献については初回の授業で指示する(課題文献は英語)。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Sobré-Denton, Miriam, and Bardhan, Nilanjana   Cultivating cosmopolitanism for intercultural communication   Routledge  2013   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
毎回の小レポートは翌週返却してフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP