シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV403/異文化コミュニケーション研究特殊講義C
(Seminar in Intercultural Communication Research C) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小山 亘(KOYAMA WATARU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 6時限(Period 6) 4251(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6340 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) VV403 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義は、ミクロ社会学や相互行為の社会言語学を始め、相互行為(コミュニケーション)と社会との関係を扱う諸学についての理解を深めることを目的とする。 
The purpose of this course is to help students develop a deeper understanding of disciplines such as micro-sociology and sociolinguistics that deal with the interrelationships between interaction (communication) and society. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義では、ミクロ社会学や相互行為の社会言語学を始め、相互行為と社会との関係を扱う研究分野を概観する。まず、ラボフ系の社会言語学、ネットワーク理論、方言地理学、言語社会学、教育社会学などを概観し、社会階級、エスニシティー、ジェンダー、地域、宗教、教育などの社会的な範疇・領野が、比較的マクロな水準でコミュニケーションとどのように相関するかを簡単に見たあと、よりミクロな水準へと焦点化し、談話分析(ゴフマンやガンパーツなど)、エスノメソドロジー、会話分析、言語人類学、社会語用論、社会心理学、ポライトネス理論など、ミクロ・レベルのコミュニケーションでの社会関係の構築などを扱う諸分野を解説する。 
The purpose of this course is to provide an overview of fields such as micro-sociology and interactional sociolinguistics that deal with interrelationships between interaction and society. The course will move from Labovian sociolinguistics to network theory, dialectology, the sociology of language, and the sociology of education, observing how social categories such as class, status, ethnicity, gender, regionality, religion, and education are correlated with communication on relatively macro-social levels. Subsequently, the course will focus on more micro-social levels and will deal with discourse analysis, ethnomethodology, conversation analysis, linguistic anthropology, social pragmatics, social psychology, and politeness theory. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義概要:コミュニケーションと社会 
2. 社会的相互行為の諸相 
3. ラボフ系の社会言語学:社会階級、エスニシティー、標準語、ジェンダー、言語使用 
4. 社会ネットワーク理論、方言地理学、言語社会学:地理、伝播、言語階層(ダイグロシア) 
5. 教育社会学(一):バーンスティン 
6. 教育社会学(二):ブルデュー 
7. ミクロ社会学(一):ゴフマン 
8. ミクロ社会学(二):エスノメソドロジーと会話分析 
9. 談話分析と言語人類学 
10. 社会語用論、批判的談話分析 
11. 社会心理学、代名詞の社会指標性(T / V 体系) 
12. レジスター、呼びかけ行為 
13. ポライトネス理論 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、発表など(50%) 、授業参加度(10%)
テキスト
Textbooks
教室で配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小山亘  『コミュニケーション論のまなざし』   三元社  2012  978-4-88303-313-3 
2. ヤコブ・L・メイ  『批判的社会語用論入門』   三元社  2005  4-88303-168-3 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP