シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV507/人類学特殊講義B
(Seminar in Anthropology B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
『森は考える』を読む 
担当者 (Instructor) 奥野 克巳(OKUNO KATSUMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 5203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV507 



授業の
目標
Course
Objectives
私たち人間はふつう、私(私たち)を主語として、「私(私たち)は森について考える」という。目的語と主語を転倒させて、「森が考える」などということは、ふつうは及びもつかないことである。本授業では、『森は考える』を読むことによって、主体としての人間による思考が成り立つ枠組みをいったん壊して、別の世界のありようを想像してみたいと思う。 
We humans usually say, "I (we) , as the subject, think of the forest". It is usually unthinkable to say that "forests think", by inverting the object and subject. In this class, by reading "How Forests Think," I would like to break the framework in which human thought as a subject is based, and try to imagine the existence of another possible world. 
授業の
内容
Course
Contents
エドゥアルド・コーンの『森は考える:人間的なるものを超えた人類学』は、チャールズ・パースの記号論をベースにしながら、エクアドルの熱帯雨林に住まうルナ人たちのもとでの長期の人類学のフィールドワークの経験に基づいて書かれた民族誌である。それは、「自己」「文化」「生命」「思考」などの諸概念を問い直し、新しい人類学、未来の哲学を創造するスピリットに溢れた、ポスト・ヒューマニティーズの研究書である。この授業では、その本を受講生とともに輪読し、理解を深める。 
Eduardo Kohn's "How Forests Think: Toward an Anthropology Beyond the Human" is an ethnography based on the semiosis of Charles Peirce, but also on the experience of long-term anthropological fieldwork with the Luna people living in the Ecuadorian rain-forest. It is a post-humanities book, full of the spirit of creating a new anthropology and philosophy of the future, by questioning various concepts such as "self," "culture," "life," and "thought". In this class, we will read the book together with the students to deepen our understanding. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション、授業の進め方について 
2. 序 ルナ・プーマ 
3. 第1章 開かれた全体、その1 
4. 第1章 開かれた全体、その2 
5. 第2章 生ある思考、その1 
6. 第2章 生ある思考、その2 
7. 第3章 魂=盲 
8. 第4章 種=横断ピジン 
9. 第5章 形式の労なき効力、その1 
10. 第5章 形式の労なき効力、その2 
11. 第6章 生ある未来、その1 
12. 第6章 生ある未来、その2 
13. エピローグ 
14. 全体のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席および授業参加態度(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. エドゥアルド・コーン著、奥野克巳・近藤宏監訳、近藤祉秋・二文字屋脩共訳  『森は考えるー人間的なるものを超えた人類学ー』   亜紀書房  2016  978-4750514628 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP