シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV509/文化研究特論
(Topics in Cultural Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浜崎 桂子(HAMAZAKI KEIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 9B02(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) VV509 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化に伴う文化や言語の接触,混淆の現象,また異文化表象について,文化研究の立場から論じるために重要な理論の抜粋を読み考察する。各理論の背景などに留意しながら批判的に理論を考察する力をつけ,各自の研究テーマに応用する可能性を検討する。 
In this course, students will read and reflect on excerpts from important theories and will subsequently utilize the viewpoint of cultural studies to discuss the interactions between cultures and languages, the phenomenon of intermixing, and intercultural expression brought about by globalization. Additionally, the module will help students develop the ability to critically consider various theories while accounting for their backgrounds and other factors, and to investigate the possibilities of applying this skill to individual research themes. 
授業の
内容
Course
Contents
人や資本の境界を越えた移動に伴う文化の変容や文化接触,異文化表象について,オリエンタリズム,ネイション,植民地主義,帝国主義,ジェンダー,エスニシティなどの問題点に着目した論文を読み,議論を行う。 
This course aims to help students to read and discuss academic papers that focus on orientalism, nations, colonialism, imperialism, gender, ethnicity, and other issues in the cultural transformation, interaction, and intercultural expression brought about by movements that exceed the limits of human beings and capital. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション1:グローバリゼーションについて 
2. イントロダクション2:「文化」概念について 
3. オリエンタリズム1 
4. オリエンタリズム2 
5. ネイション 
6. 植民地主義・帝国主義 
7. 議論、問題点の整理1 
8. 議論、問題点の整理2 
9. マイノリティー 
10. ジェンダーおよびエスニシティ 
11. 異文化表象 
12. 文化分析の実践と理論について1 
13. 文化分析の実践と理論について2 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席および議論への積極的な参加(30%) 、授業内での口頭発表(30%)
テキスト
Textbooks
初回授業で配付。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 本橋哲也  『カルチュラル・スタディーズへの招待』   大修館書店  2002  978-4-469-21280-9 
2. ピーター・バーク(河野真太郎訳)  『文化のハイブリディティ』   法政大学出版局  2012  9784588603266 
その他(Others)
上記文献には目を通しておくこと。その他文献は授業内でテーマごとに指示。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
参加者の発表と議論を中心に授業をすすめる。フィードバックは随時授業内で行う。
対面授業とオンライン授業の回数については、履修者と適宜相談のうえ決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP