シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV510/国際協力特殊講義A
(Seminar in International Cooperation A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
紛争の平和的解決 
担当者 (Instructor) カプリオ,M.E.(CAPRIO,MARK E.) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 6208(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) VV510 



授業の
目標
Course
Objectives
なぜ紛争を行う?なぜ平和が犠牲になる時が多い?紛争の平和的解決の可能性はあるか?などの問題を中心にして検討する。 
Why does conflict exist? Why is peace so often sacrificed for it? How can conflict be resolved peacefully? This class will explore these and other related issues related to peace and coflict. 
授業の
内容
Course
Contents
戦争の理論、戦争と経済、などのトピックを毎週考察する。戦争のない世界を作るために何が必要であるかという大きな問題についても考えることが目的である。 
War theory, the economics of war, and other related topics will be discussed in this class. Our purpose is to consider the big problem of deciding what is necessary to create a world without war. 
授業計画
Course
Schedule
1. 講義の紹介 
2. 戦争論と平和論 
3. 正しい戦争論 
4. 戦争と経済 
5. 核兵器と戦争抑止 
6. 戦争とプロパガンダ 
7. 戦争体験 
8. 反戦争と平和主義の文化 
9. 戦争の記憶・記念 
10. ケース・スタディ:朝鮮戦争I (起源) 
11. ケース・スタディ:朝鮮戦争II (日本の関係) 
12. 戦争の防止:北朝鮮問題 (歴史から現在まで)  
13. 日本の「平和憲法」と現代日本政治・社会 
14. 最終レポート提出とディスカション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
資料を読んで準備すること。最終レポートを書くこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、ディスカションの参加(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
毎週次の授業のための資料を配ります、或いはBlackboardにアップロードする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP