シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV511/国際協力特殊講義B
(Seminar in International Cooperation B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地域研究から考える社会開発
(Considering Social Development) 
担当者 (Instructor) 日下部 尚徳(KUSAKABE NAONORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 4256(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV511 



授業の
目標
Course
Objectives
1.社会開発の概念を説明できる
2.途上国と呼ばれる国々における社会開発の課題を自らのテーマに沿って具体的に論じられるようになる
3.参加型学習を通じて、自身が社会開発にどのようにかかわるべきかを考えられるようになる 
The aims of this course are:
1. To be able to explain the concept of social development;
2. To be able to discuss issues of social development in so-called developing countries concretely;
3. To understand how to get involved with social development through participatory learning. 
授業の
内容
Course
Contents
近年、経済成長が地域の貧困削減に必ずしも結びつかないことが明らかとなり、経済開発の対概念としての社会開発への関心が高まっています。社会開発がカバーする領域は、教育や医療、保健衛生、防災、環境など多岐にわたります。また同時に、「開発への住民参加」、「開発における性差」、「社会的弱者」といった開発イシューとも密接な関連を有しています。
授業では、社会開発の概念を概観した上で、途上国と呼ばれる国々における社会開発の課題を、受講生とともに考えていきたいと思っています。 
It has been revealed in recent years that economic growth does not necessarily bring poverty reduction in the region, and as a counter-concept, social development has attracted more attention. Social development covers various fields such as education, medical care, health and hygiene, disaster prevention, and the environment. At the same time, it is closely linked to development issues such as “residents’ participation in development,” the “gender gap in development,” and “socially vulnerable people.”
In this course, we will provide an overview of the concept of social development and discuss its issues in the so-called developing countries. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:「社会開発」とは何か 
2. 開発の主体とプロセス:誰が開発の担い手となるのか 
3. バングラデシュと社会開発 
4. 貧困の概念 
5. 貧困の背景 
6. 貧困削減に向けて 
7. 映像から考えるバングラデシュの社会開発 
8. 保健・衛生:プライマリー・ヘルス・ケアの普及と課題 
9. 母子保健:リプロダクティブ・ヘルス/ライツ 
10. HIV/エイズの流行と対策 
11. 教育開発:初等教育の普及と課題 
12. ノンフォーマル教育の在り方 
13. 社会開発とNGO 
14. 社会開発の今後 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
01.授業内で指示した文献や映像資料を事前に読んでおくこと
02.講義に関連する新聞記事のスクラップをおこなうこと
03.授業終了時に示す課題についてレポートを作成すること
04.次回の授業範囲を予習し、わからない用語の意味等の理解をしておくこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、担当報告の内容およびアクティブ・ラーニングの成果(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日下部尚徳  『わたし8歳、職業、家事使用人。 : 世界の児童労働者1億5200万人の1人』   合同出版  2018  9784772613620 
2. 佐藤 仁  『野蛮から生存の開発論:越境する援助のデザイン』   ミネルヴァ書房  2016  9784623076772 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP