シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VV526/文化研究特殊講義F
(Seminar in Cultural Studies F) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
イメージの諸相 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 9302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6440 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV526 



授業の
目標
Course
Objectives
日常語としても定着しているイメージとその概念について多角的に理解する。 
This course aims at a deeper and multifaceted understanding of the notion of the image and its development.
 
授業の
内容
Course
Contents
古代のプラトンのイメージ論を端緒に、キリスト教世界、啓蒙主義の時代、近代、現代へ至るイメージのあり方とその概念の展開を、文献の購読と視覚的な表現の分析を通じて後づける。 
Through a reading of principal texts on images and analyzing diverse images dating from the time of Plato, the value-system of Christianity, the Enlightenment, the modern era and beyond, we will grasp the diffrent aspects of the images and its changing definitions and values attached to it. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. イメージとは?講読①古代ギリシャ 
3. イメージとは?講読②古代ギリシャ 
4. イメージとは?講読③キリスト教と偶像崇拝禁止 
5. 小エッセイ:キリスト教とプラトンの思想*(*課題は予定。以下同) 
6. イメージとは?講読④『薔薇物語』 
7. イメージとは?講読⑤『聖杯の探求』 
8. イメージとは?講読⑥アルベルティ『絵画論』 
9. イメージとは?講読⑦鏡をめぐる論考 
10. 小エッセイ:イメージと写実性* 
11. イメージとは?講読⑧ディドロ『絵画論』 
12. イメージとは?講読⑨ボードレールと近代 
13. イメージとは?講読⑩イメージと現実 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各界の授業時には、テクストの短い抜粋を取り上げる予定である。特に予習は必要としないが、授業後に各自がテクストの全体を通読することが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、小エッセイ(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
抜粋テクストの原典の書誌情報は、授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP