シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習1
(Seminar (2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) メディア社会学科教員が担当 
学期 (Semester) 春学期(Spring Semester) 
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMS2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) DE281~293(DE292を除く) 



授業の
目標
Course
Objectives
専門的な文献の講読を通じて、メディア社会学の基礎的な知識や考え方を学ぶとともに、演習の方法を身につける。 
授業の
内容
Course
Contents
専門演習1では、メディア社会学に関する様々な文献を講読し、メディアを学ぶとはどういうことか、メディア研究にはどのような広がりがあるのか、メディア研究の方法は何か、といった基礎的な事柄を体系的に学び、自らの問題関心を広げ、深めていく。基本的な文献をきちんと読む能力を高めるとともに、ゼミ形式の演習の中で、レジュメの書き方、発表の仕方、ディスカッションの方法など、今後の研究(学び)のために必要な基礎的能力を身につける。なお、全クラスにおいて共通テキストを用いる。 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読および討論 
3. 文献講読および討論 
4. 文献講読および討論 
5. 文献講読および討論 
6. 文献講読および討論 
7. 中間総括 課題1の説明 
8. 文献講読および討論 
9. 文献講読および討論 課題1の締め切り 
10. 文献講読および討論 課題2「期末レポート」の説明 
11. 文献講読および討論 
12. 文献講読および討論 
13. 期末レポートの発表、提出 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の文献をを予め読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(40%) 、授業内課題(40%) 、出席、討論への参加(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
以上の授業計画は、標準プランを示したものである。実際のスケジュールは、担当教員の指示に従うこと。
授業に関連する情報を掲示することがあるので、よく注意すること。
テキストの配布等にCHORUSを用いるので、使えるようにしておくこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP