シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2017 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/2年次演習2
(Seminar2(2nd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
財務会計の応用 
担当者 (Instructor) 松井 泰則(MATSUI YASUNORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 4341(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:アカウンティング&ファイナンス領域 
テキスト用コード (Text Code) BT363 



授業の
目標
Course
Objectives
財務会計の応用的知識を習得する。株式会社における実際の決算の仕組みを正しく理解することができる。 
授業の
内容
Course
Contents
春学期で学習した簿記会計の学習成果のレベル・アップを図る。春学期では,財務会計の基礎的前提となる複式簿記の学習に重点を置いてきたが,秋学期の本演習ではさらにB/S,P/L,C/Fの基本財務諸表についてより深く学習する。また財務会計の応用領域として,例えばグループ経営に対しては連結会計を,経営の国際化に対しては外貨換算会計を取り上げるなど学習範囲をいっそう拡大していく。授業はグループ別発表講義形式で進める。 
授業計画
Course
Schedule
1. 簿記問題復習 
2. 会計(財務諸表)問題復習 
3. 貸借対照表論(資産会計応用編1) 
4. 貸借対照表論(資産会計応用編2) 
5. 貸借対照表論(資産会計応用編3) 
6. 貸借対照表論(負債・資本会計応用編1) 
7. 貸借対照表論(負債・資本会計応用編2) 
8. 損益計算書論(収益・費用会計応用編) 
9. キャッシュ・フロー計算書 
10. 株主資本等変動計算書 
11. 連結会計論 
12. 外貨換算会計論 
13. 有価証券報告書分析 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 普段より,簿記トレーニングをかかさないように復習・予習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
 出席(60%) 、授業期間内の複数レポート(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 広瀬義州  『財務会計論』   中央経済社  2014  978-4-502-09370-8 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊藤邦雄  『新現代会計入門』   日本経済新聞社  2014  978-4-532-13448-8 
その他(Others)
 その他講義中に指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP