シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2017 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織と経営戦略 
担当者 (Instructor) 鈴木 秀一(SUZUKI SHUUICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 6409(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域 
テキスト用コード (Text Code) BT559 



授業の
目標
Course
Objectives
卒論作成指導。卒論は3年間のゼミ活動の集大成として執筆する。 
授業の
内容
Course
Contents
各自の卒論の完成。各自の選択肢は以下のとおり:
(1)経営戦略論の分野か「企業と社会」の分野を選ぶか
(1-2)競争戦略論:業界、企業、分野を選択
(1-3)企業と社会:例、「女性が活躍できる企業・社会制度」、「シリコンバレーを日本に実現する政治・経済システム」、「社会起業家と新興国ビジネス」、「ハワイの日系企業の歴史」、「香港の日系企業」 
授業計画
Course
Schedule
1. 卒論の中間発表1
ゼミ後輩への卒論発表をすることで、ディスカッションを通じてさまざまなヒントを得る。 
2. 前回のフィードバック1 
3. 卒論の中間発表2
4年生のなかで発表をすることで、専門的な知識を得る。 
4. 前回のフィードバック2 
5. 卒論の中間発表3
企業人(ゼミ卒業生、MBA大学院生)に発表することで、実務的な視点、情報、理論を学習。 
6. 前回のフィードバック3 
7. 企業訪問(国内)
卒業生や社会人大学院生から企業を紹介してもらう。卒業生の働いている海外企業を訪問する場合もある。例、ソウルの日系企業。ハワイ、ベトナム、イタリア、シンガポール、香港。 
8. 卒論の中間発表4
企業調査を加えて、卒論を補足する。 
9. 前回のフィードバック4 
10. 卒論の中間発表5 
11. 前回のフィードバック5 
12. 卒論の中間発表6 
13. 企業訪問(海外)
場合によっては夏休み中に海外の企業を訪問し、そのあと、メールや電話で必要な資料や情報を得る。 
14. 全体のフィードバック 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
卒業論文作成の際、学生が企業訪問してヒアリングを行う場合が多い。その際は、身だしなみ、話し方、マナーには十分配慮すること。そのためにも日常的にゼミでもきちんとした言葉やマナーを習慣にすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(30%) 、最終提出論文(70%)
テキスト
Textbooks
各自のテーマに沿って提示する。
参考文献
Readings
各自のテーマに沿ってリストを配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/~z5000108 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP