シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2017 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
立教大学の歴史
(History of Rikkyo University) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本近現代史における立教大学 
担当者 (Instructor) 宮本 正明(MIYAMOTO MASAAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) ・2016年度以降1年次入学者対象科目 : 学びの精神科目
・2012~2015年度1年次入学者対象科目 : 立教A科目 
テキスト用コード (Text Code) FH174 



授業の
目標
Course
Objectives
 「自校史」として立教の歴史を学ぶ機会にしていただくとともに、その沿革と特色を日本近現代史との関わりのなかで理解してもらえればと思います。 
授業の
内容
Course
Contents
 1874年にその前身となる学校が創立されて以降、立教は140年以上の歳月を経てきています。その歴史にはまだ明らかでない部分も残されていますが、この間に進展してきた研究成果にもとづく形で、立教の歩みを紹介していきます。 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 聖公会の日本伝道 
3. 立教の創立者ウィリアムズ 
4. 立教学校の誕生 
5. 文部省訓令第12号と立教学院の成立 
6. 高等教育制度の整備と立教大学の誕生 
7. 関東大震災と財団法人立教学院 
8. 立教大学の拡張と戦争の影 
9. 日米開戦とキリスト教主義教育の危機 
10. 戦局の悪化と大学存続の危機 
11. 敗戦から学園の再建へ 
12. 新制立教大学への移行 
13. 高度経済成長期以降の立教大学 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 下記の参考文献を授業の前後にご参照いただければ、授業の予習・復習につながると思います。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
コメントカード兼出席票(20%)
テキスト
Textbooks
 テキストの指定は特にありませんが、下記「参考文献」に挙げた『立教大学の歴史』の内容をもとに、当方で配布するプリントに即して話を進めます。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 立教学院史資料センター(編)  『立教大学の歴史』   立教大学  2007年   
2. 立教学院百二十五年史編纂委員会(編)  『BRICKS AND IVY―立教学院百二十五年史図録』   立教学院  2000年   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
 上記の授業計画はあくまでも目安です。実際の授業の進行のなかで変動することもありえます。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP