シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2017 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/地理学調査演習 B
(Geographical Surveys B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
海外フィールドワーク 
担当者 (Instructor) 山下 王世(YAMASHITA KIMIYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 7302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5630 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD166 



授業の
目標
Course
Objectives
フィールドワークで得た多様なデータを解析し、実証論文にまとめるための理論と方法を習得する。 
授業の
内容
Course
Contents
地理学調査演習A(春学期)の予備調査の経験を生かして、秋季休業中に5泊7日の予定で、サンフランシスコをフィールドに各自のテーマに即して本調査を実施する。そして、その成果を報告書にまとめる。 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス/本授業の目的や進め方などを説明する。予備調査をふまえて、本調査での研究テーマや分担を確認し、調査計画を練るので、受講者は必ず出席すること。 
2. 本調査の準備1/本調査のテーマと実施計画などを、全体討論を経て決定する。 
3. 本調査の準備2/同上 
4. 現地調査1/各自がフィールドワークを行う。なお、交通費・食費・宿泊費などは自己負担になる。 
5. 現地調査2/各自、引き続き、フィールドワークを行い、ミーティングで報告する。 
6. 現地調査3/同上 
7. 現地調査4/同上 
8. 報告書作成1/各自が調査報告を行い、そのまとめ方について全体討論を行いつつ、論文の執筆を進めていく。 
9. 報告書作成2/同上 
10. 報告書作成3/同上 
11. 報告書作成4/同上 
12. 報告書作成5/同上 
13. 報告書作成6/同上 
14. 報告書作成7/同上 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予備調査の調査結果(フィールドノート)を整理したり、入手した資料や統計を分析したりして、各自が本調査に向けた準備を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業での発表や議論への参加(20%) 、フィールドワークへの参加(40%) 、報告書レポート(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業中に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
この授業は、地理学調査演習A(春学期)の事前学習や予備調査の経験をもとに発展させるもので、地理学調査演習Aの受講者が継続受講するためのものである。なお、本科目の登録方法は「その他」登録である。登録方法の詳細は、履修要項に記載の説明会(4月5日(水)17:00~18:00を予定)で説明する。履修希望者は必ず出席し、そこで指示された方法で履修登録申請を行うこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP