シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2017 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND371/ヨーロッパ政治論特殊講義(1)
(Special Lecture on European Politics 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ヨーロッパ政治研究を通じて比較政治学・国際政治学をつかむ 
担当者 (Instructor) 小川 有美(OGAWA ARIYOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) 6201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND371 



授業の
目標
Course
Objectives
民主主義,国際統合,移民・難民,環境など多様な政治的変化を経験するヨーロッパを対象に,最先端の論文を幅広く比較して講読・討議することにより,比較政治学・国際政治学のリサーチャーとしてのスキルを高める。 
授業の
内容
Course
Contents
政治学,比較政治学,国際政治学の学会誌を中心とする最新の学術論文をテーマ毎に集中的に講読し,参加者はコメンテータとして批評する。またそこで修得された知見・方法を,自らのリサーチを構築していく上でどのように活用していくことができるか構想し,自主リサーチのプレゼンテーションを行う。 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ヨーロッパ比較政治の学術論文講読・討論1 
3. ヨーロッパ比較政治の学術論文講読・討論2 
4. ヨーロッパ比較政治の学術論文講読・討論3 
5. テーマ・ディスカッション(映像・資料をめぐって)1 
6. ヨーロッパ国際政治の学術論文講読・討論1 
7. ヨーロッパ国際政治の学術論文講読・討論2 
8. ヨーロッパ政治・社会理論の学術論文講読1 
9. ヨーロッパ政治・社会理論の学術論文講読2 
10. テーマ・ディスカッション(映像・資料をめぐって)2 
11. 自主リサーチ構想発表 
12. 自主リサーチ準備 
13. 自主リサーチプレゼンテーション 
14. 総括討議 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回テキストとなる論文を読み,1枚程度のコメントメモを準備して討論に参加すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席率(30%) 、討論への貢献(30%) 、報告・プレゼンテーション(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日本比較政治学会編  『日本比較政治学会年報』   ミネルヴァ書房     
2. 日本国際政治学会編  『国際政治』   有斐閣     
3. 日本政治学会編  『年報政治学』   木鐸社     
その他(Others)
その他,履修者の専攻・関心に合わせ,外国語を含む最新のテキストを取り上げたい。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ゲイリー・ガーツ, ジェイムズ・マホニー著  『社会科学のパラダイム論争-2つの文化の物語』   勁草書房  2015  9784326302420 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP