シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動またはその他/BL1
(Business Leadership 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
論理思考とリーダーシップ 
担当者 (Instructor) 高橋 俊之(TAKAHASHI TOSHIYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 1201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS1510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 経営学科:自動登録
国際経営学科:「その他」登録 
テキスト用コード (Text Code) BT608 



授業の
目標
Course
Objectives
論理思考力はリーダーシップ発揮に強力な助けとなる。この基礎を身につけて日常的に活用できるようにする。また論理思考を活用したリーダーシップをプロジェクトにおいても発揮出来るようにする。 
The ability to think logically and critically is a great help in leadership. In this course, students will learn the basics of this and how to apply them to their daily activities. Also, students will learn to use leadership with logical thinking in their projects. 
授業の
内容
Course
Contents
(1)ロジカルな思考の基礎を築く−本質を押さえた思考、メカニズム思考を身につける。
(2)伝える力を高める−一瞬で大事なことを伝える方法を学ぶ、説得力を高める。
(3)企画力を高める−論理思考を教えるプランを立てることで企画力を高める。
(4)話し合う力を高める−結論を分けるポイントの掴み方、議論・判断の仕方を学ぶ。
(5)身近な題材を多く使うことと、毎回の個人課題で、ロジカルな思考を体にしみこませる。
(6)実践的な課題とグループワークにより、リーダーシップ開発を行なう。 
(1) Build the foundations for logical thinking - learning how to pinpoint the essence of thoughts, and how to think systematically.
(2) Increase communication ability - Students will learn how to convey important information quickly, and increase their persuasiveness.
(3) Increase planning ability - students will increase their planning ability by creating plans to teach logical thinking.
(4) Increase the ability to discuss things - Students will learn ways to understand decisive points and debate/judge them.
(5) Students will be absorbed in logical thinking by learning about many topics that affect them, and studying their individual topics.
(6) Students will develop leadership skills through practical topics of study and groupwork. 
授業計画
Course
Schedule
1. キックオフ、良いアイディアを出す 
2. 一瞬で大事なことを伝える 
3. 良いアイディアを出す 
4. 人を動かす 
5. 人(自分)を動かす目標設定 
6. 人を動かす、分かりやすく伝える 
7. 意思決定とプロジェクトの上手な進め方 
8. 論理思考はリーダーシップにどう使えるか? 
9. 常に目的を押さえる(高校生BL1準備) 
10. 本質的な効果を上げるために考える(高校生BL1準備) 
11. 細部まで目的に合わせる(高校生BL1準備) 
12. 実践:論理思考を教える(高校生BL1当日) 
13. 振り返り 
14. 一段上のレベルへ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の課題は授業スライドやメーリングリスト等で告知の予定。各回2〜3時間は確保のこと(グループワークのため日時調整が必要な場合もある)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の発表、討議、質疑応答(30%) 、グループワークの成果(30%) 、毎回の授業で課される提出課題(40%)
備考(Notes)
欠席3回でD評価。
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP