シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX576/政治学基礎演習
(Introductory Seminaron Political Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
「ポピュリズム」について考える 
担当者 (Instructor) 一ノ瀬 佳也(ICHINOSE YOSHIYA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 7204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX576 



授業の
目標
Course
Objectives
 本演習においては政治学に関わる基礎的な文献を読みながら、プレゼンテーションやディスカッションの力をつけていくことになる。特に、世界を席巻している「ポピュリズム」についての理論的な認識を定めた上で、昨今の欧米各国の政治の動向について検討していく。それによって、現代民主主義の課題を浮き彫りにしていく。 
 The objectives of this seminar are to develop the students’ abilities to give presentations and participate in discussions while reading the fundamental Political Science literature. In particular, this seminar will examine recent trends in the politics of Europe and the United States after establishing a theoretical understanding of the "populism" which is sweeping the globe. We will thereby bring the issues in contemporary democracy into sharp relief. 
授業の
内容
Course
Contents
 本演習では、「ポピュリズム」についての理論的な認識を定めた上で、昨今の欧米各国の政治の動向について検討していく。まず、カス・ミュデとクリストバル・ロビラ・カルトワッセルによる『ポピュリズム:デモクラシーの友と敵』を読んで「ポピュリズム」についての理論的な理解を深め、次に、谷口将紀・水島治郎編著の『ポピュリズムの本質:「政治的疎外」を克服できるか』を読むことによって各国へのその影響について検討していく。
 この授業は「演習」形式で行われる。報告者がテキストの担当箇所についてのプレゼンを行い、その論点についてみんなで議論することを通じて理解を深めていく。
 特定の予備知識を必要とするわけではないが、受講する学生には、授業において積極的に発言することを求める。 
 This seminar will examine recent trends in the politics of Europe and the United States after establishing a theoretical understanding of "populism." First, students will read “Populism: A Very Short Introduction” by Cas Mudde and Cristóbal Rovira Kaltwasser to deepen their theoretical understanding of "populism" followed by an examination of its impact on countries by reading “Essence of Populism: Can ‘Political Alienation’ Be Conquered?” written and edited by Masaki Taniguchi and Jiro Mizushima.
 This class will be conducted in a "seminar" format. Students will present reports on their assigned sections of the textbook and deepen their level of understanding by discussing the issues with everyone.
 No particular background knowledge is required, but participating students are expected to actively speak up in class. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ポピュリズムとは何か 
3. 世界の中のポピュリズム 
4. ポピュリズムと動員 
5. ポピュリズムの指導者 
6. ポピュリズムとデモクラシー 
7. その原因と対応 
8. 忍び寄る「新しい政治的疎外」 
9. イギリス:二大政党制に包含されるポピュリズム 
10. アメリカ:「弱い」政党組織と「強い」党派性が生んだポピュリスト政権 
11. オランダ:変容する「最先進国」のデモクラシー 
12. フランス:既成の政党システムの終焉と新たな世代による政治 
13. ドイツ:戦後の政治体制を揺さぶるポピュリズムの脅威 
14. ポピュリズムの拡大にどう対応するか 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講生は毎回指定された範囲のテキストを事前に呼んでくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(20%) 、コメントペーパー(40%) 、プレゼンテーション(20%) 、最終レポート(Final Report)(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. カス・ミュデ+クリストバル・ロビラ・カルトワッセル  ポピュリズム:デモクラシーの友と敵   白水社  2018  978-4-560-09617-8 
2. 谷口将紀・水島治郎  ポピュリズムの本質   中央公論新社  2018  978-4-12-005113-5 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 水島治郎  ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か   中央公論新社  2016  978-4121024107 
2. ヤン=ヴェルナー・ミュラー  ポピュリズムとは何か   岩波書店  2017  978-4-00-024796-2 
3. イワン・クラステフ  アフター・ヨーロッパ:ポピュリズムという妖怪にどう向き合うか   岩波書店  2018  978-4-00-061286-9 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名程度
配当年次:1年次
選考方法:レポート
①題目:本演習で志望する動機とテーマについてのそれぞれの関心を自由に書いてください。
②字数: 1000字 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP