シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
「観光立国」と日本の成長・地域創生           新座(Niiza)
(Tourism Oriented Country and Contemporary Japan) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 舛谷 鋭(MASUTANI SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) N313(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2211 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB085 



授業の
目標
Course
Objectives
人口減少社会に入った日本にとって、世界GDPの約10%を占め、自動車産業へ迫るまでに成長した観光産業を、成長戦略や地方創生の柱に据える「観光立国」は実現また持続可能か。毎回各界のキーパーソンをゲストとして、関連分野の教員とともに議論を深める。 
The tourism industry accounts for around 10% of global GDP and has grown to be almost as large as the automobile industry. For Japan, which has fallen into a depopulating society, is it possible or sustainable to set ‘becoming a "tourism country"’ as a pillar of growth strategy and regional revitalization? In each class, we will hold discussions with key persons as guests from various fields together with faculty members in related fields. 
授業の
内容
Course
Contents
観光立国を訪日外国人観光客(インバウンド)の増加を指標として考えたとき、そのための要件整備は「気候」「食事」「文化」そして「自然」をも備えるかのように見える首都圏ばかりでなく、地方を含む日本全国で行われている。そうした観光資源の魅力向上や訪日外国人を中心とした多様なニーズへの対応など課題の取り組みを、首都圏企業、キャンパス地元自治体、地方都市自治体、外資企業などからのゲストの講義を元に関連分野の教員がコメントし、履修学生らとディスカションの機会を設ける。 
When considering a "tourism country" as an index of the increase of inbound foreign tourists, one tends to think that the elements of "climate," "food," "culture," and "nature" are only developed in Tokyo, but in fact they are present across Japan, including in regional areas. Faculty members from relevant fields will comment and create opportunities for discussion with the students who attend about these efforts to address issues such as improving the attraction of tourism resources and responding to diverse needs centered on foreign visitors based on guest lectures from Tokyo companies, the campus local government, local city governments, and foreign companies, etc. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. ファンドから見た観光立国 
3. 新座を観光でつくる 
4. 秩父地域の経験から 
5. ファンドから見た観光立国2 
6. 地方銀行ができること 
7. ジオパークと広域連携 
8. ブランドビジネスで海外とつなぐ 
9. シェアリングエコノミーを実践する 
10. 自然と人間をつなぐ 
11. テクノロジーと文化観光 
12. 交通の視点から 
13. 観光立国と日本 
14. 教場最終レポート 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
様々な事例の背景理解やゲスト講義、教員コメントへの応答としての提案など 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、リアペや出席状況を含む平常点(60%)
備考(Notes)
最終回に教場レポートテストを行う。
テキスト
Textbooks
教場で指示する。
参考文献
Readings
教場で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP