シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
観光学への誘い
(Introduction to Tourism Studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
19世紀の近代観光と現代観光から「観光」について考えてみよう 
担当者 (Instructor) 羽生敦子(HANYU ATSUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 7101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB128 



授業の
目標
Course
Objectives
観光学を初めて学ぶ学生を対象とする。私たちは、なんとなく「旅人」と「ツーリスト(旅行者・観光者)」を使い分ける。本講座では後者である「ツーリスト」から観光の歴史を概観し、「近代観光」から「現代観光」への本質的な変遷について学問的に考えることを目的とする。 
This course is aimed at students who are new to tourism. We use the words "traveler" and "tourist" rather vaguely. The purpose of this course is to review the history of tourism from the latter "tourist" and to think academically about the essential transition from "early modern tourism" to "contemporary tourism." 
授業の
内容
Course
Contents
Tourismは19世紀に誕生した単語である。知識層の間で流行していたオリエントの旅をテーマとした作家の旅行記などから、旅からtourismへの変遷をみる。19世紀後半、トマス・クックとともに旅はtourismという産業になった。21世紀の現在では、tourism産業は国家の重要な戦略事業のひとつあり、ツーリストへの関心も高い。旅はますます多様化している。文学者と場所を中心に旅(あるいは旅行)について授業を進める予定である。後半は女性の旅に視点をおきながら授業を行う。 
Tourism is a word that was born in the 19th century. We will look at the transition from travel to tourism from the travel notes of writers whose theme is a journey to the Orient, which was popular among the intellectual class. In the late 19th century, travel became an industry called tourism with the advent of Thomas Cook. As of the 21st century, the tourism industry is one of the most important strategic areas for nations, and there is high interest in tourists. Travel is increasingly diversifying. We will offer classes on travel (or journeys) focusing on literary people and places. In the second half of the course, we will offer classes taking a woman's perspective on travel. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 旅の主体について traveler or tourist 目的 まなざし 
3. 近代観光(1) イギリスの場合 (トマス・クック) 
4. 近代観光(1) 文学と旅 
5. 近代観光(2) フランスの場合 
6. 近代観光(2) 文学と旅(シャトーブリアン) 
7. 近代観光(2) 文学と旅(ゾラ) 
8. 近代観光(2) フランス人とバカンス 
9. 近代観光(3) アメリカの場合 
10. 近代観光(3) 女性の旅  ジャーナリズムと旅 1 
11. 近代観光(3) 女性の旅 ジャーナリズムと旅 2 
12. 日本女性の旅 林芙美子  
13. イギリス女性の旅 イザベラ・バード 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて別途指示する。授業中に提示する文献などを読み、自分自身で再考することが好ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
リアクションペーパー(30%) 、出席・授業への取り組み(20%)
備考(Notes)
リアクションペーパーは完成度を重視します。
テキスト
Textbooks
特になし。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石井洋二郎  『異郷への誘惑:旅するフランス作家たち』   東京大学出版会  2009  9784130830522 
2. ピアーズ・ブレンドン  『トマス・クック物語:近代ツーリズムの創始者』   中央公論社  1995  4120024806 
3. Urry, John  The tourist Gaze: The leisure and Travel in Comtemporary Societies   Sage   1990   
4. MacCannell, Dean  The Tourist, New theory of the leisure class   Schoken Books  1976   
その他(Others)
Urryの和訳:加太宏邦訳(1995)観光のまなざし―現代社会におけるレジャーと旅行.東京、法政大学出版局、289p
MacCannell の和訳:安村克己訳 (2012) ザ・ツーリスト:高度経済成長の構造分析.東京、学文社,259p.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP