シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
日本の「多文化」政策を問い直す
(Reconsidering Japan's 'Multicultural' Policy) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代社会のエスニックコミュニティ、社会的多様性 
担当者 (Instructor) 大野 光子(ONO MITSUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB510 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では近年、社会的課題として取り上げられる機会の多くなった「多文化社会」や「多文化共生」政策について、現代社会の様々な具体事例を参照しながら読み解いていくことを目指す。「多文化」や「多文化共生」といったとき、そこにはどのような人びとが含みこまれていくのかを考える。 
In this course, we will aim to understand the "multicultural society" and "multicultural coexistence" policies that have been frequently taken up as social issues in recent years with reference to various specific examples in modern society. We will consider what kind of people are included when we say "multicultural" or "multicultural coexistence." 
授業の
内容
Course
Contents
本講義では「多文化社会」や「多文化共生」政策について、新宿の大久保エリア等のエスニック・コミュニティやエスニック・ビジネスを含む様ざまな事例を参照しながら考える。授業内では事例参照のためにDVD、ビデオ等映像資料を使用する。また、都合が合えば現場の専門家をゲストスピーカーとしてお招きし講義して頂くことも予定される。受講者は、グループ・ディスカッションを通じて自らの意見を積極的に表明すること、グループまたは個人の研究発表を行うことが求められる。  
In this course, we will consider "multicultural society" and "multicultural symbiosis" policies with reference to various cases including ethnic communities and ethnic businesses such as the Okubo area in Shinjuku. We will use video materials such as DVDs and videos in the classes as case references. In addition, we plan to invite field experts as guest speakers to give lectures if they are available. Students will be required to actively express their views through the group discussions and to conduct group or individual research presentations.  
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:講師の自己紹介と本講義の概要説明 
2. グローバリゼーションと人の移動 
3. 日本社会における外国人住民 
4. 国や行政施策としての「多文化共生」 
5. 外国人住民の増加を巡る社会的動態 
6. 東京のエスニック・コミュニティ 
7. ゲストスピーカーのお話し 
8. グループディスカッション 
9. 多文化共生に関わる社会的課題①外国人児童・生徒 
10. 多文化共生に関わる社会的課題➁外国人技能実習生 
11. 多文化共生に関わる社会的課題③外国人ケアワーカー 
12. グループワーク 
13. グループワーク 
14. グループプレゼンテーション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
○新聞を読んで現在どのようなことが社会的な関心事として取り上げられているのか、気にしておいて下さい。
○授業内で参照する事例について、自分なりに下調べをして下さい。
○授業内で参照した事例と関連する文献を読み、知識を深めて下さい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
プレゼンテーショの内容(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP