シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
グローバル社会での平和構築
(Peace Building in a Global Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際政治の中の沖縄 
担当者 (Instructor) 小松 寛(KOMATSU HIROSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) D301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH165 



授業の
目標
Course
Objectives
・国際政治、とりわけ日米関係における「沖縄問題」についてその変遷を理解する
・グローバルに展開される政治に対して、地域社会としての沖縄の対応について考察する
 
・Students will learn about international politics, especially the Okinawa problem relating to Japan-America relations
・We will analyze how politics, which unfold on a global scale, deal with Okinawa, a regional community
 
授業の
内容
Course
Contents
本講義では戦後の国際政治における沖縄問題の変遷を追う。冷戦の始まりとともに沖縄は軍事安全保障上の重要拠点として位置づけられ、米国の施政権下におかれた。その処遇については日米間で交渉が重ねられ、1972年に沖縄は日本に返還された。しかし在沖米軍基地は米国の世界戦略の要衝として残され、沖縄問題は今日まで続いている。冷戦構造およびポスト冷戦の国際政治の中でなされた日米の安全保障政策が、沖縄にどのような影響を与え、そして沖縄側の反応がどのようなものであったのか。それを理解することで、グローバルな政治変動と地域社会の相互作用を考察する。 
In this course, we will follow changes in the Okinawa problem in global politics from the postwar period. At the start of the Cold War, Okinawa was designated as a base critical to the military security guarantee and was placed under the jurisdiction of the American military. Many series of negotiations were held between Japan and America regarding this matter, resulting in Okinawa being returned to Japan in 1972. However, the American military base in Okinawa remains as an essential strategic position to America’s global military strategy, and the problem persists into the present day. In this course, we will examine the effects that America and Japan’s military security guarantee policy, issued within the context of Cold War era international politics, has on Okinawa. We will also examine the response to this from the Okinawan side of things. Through understanding this, we will investigate the interactions between regional communities and changes in global politics. 
授業計画
Course
Schedule
1. 冷戦の始まりと米軍による沖縄統治 
2. 日米安全保障条約体制の形成と沖縄  
3. 屋良朝苗の復帰思想の原点 
4. 日本と沖縄の基地闘争 
5. 日米安保条約の改定と沖縄 
6. 日本復帰運動と沖縄における国民教育 
7. 高度経済成長と佐藤政権の発足 
8. 琉球政府屋良朝苗政権の発足 
9. 日米・日沖間の返還交渉 
10. 沖縄返還協定と反戦復帰・独立・反復帰 
11. 尖閣諸島領有権問題の発端と東アジア国際関係 
12. 冷戦の終焉と日米関係における沖縄問題の再浮上 
13. 普天間基地移設問題をめぐる日米交渉と沖縄政治の変容 
14. 総括:これからの沖縄問題への展望 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習内容については別途、授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
レビューシート(毎講義ごとに提出)(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小松寛  『日本復帰と反復帰:戦後沖縄ナショナリズムの展開』   早稲田大学出版部  2015  4657157078 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業ではパワーポイントを使用し、適宜映像資料も活用する。また、配布資料を用意する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP