シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
グローバル社会での平和構築
(Peace Building in a Global Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバリゼーションと地域社会の変容
―国際協力と市民社会ー 
担当者 (Instructor) 島﨑 裕子(SHIMAZAKI YUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) MB01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH166 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバリゼーションを背景に国際社会にもたらされる貧困、環境、食糧、人権などの諸問題(グローバルイシュー)を理解する。先進国と途上国との関係性を捉えながら、政府、国際機関、NGOなど多様な機関による国際協力のありかたを学び、現代における平和への道すじを探る。 
With globalization as a context, we will consider various issues brought about by international society, such as poverty, the environment, food, and human rights. We will grasp the relationship between developed and developing nations while learning about the current state of international cooperation as carried out by governments, international organizations, NGOs, and various other bodies. As we do so, we will sound out potential pathways for peace in the present day. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は「国際開発」、「国際協力」、「持続的可能な発展」、「平和」をキーワードに学びを深める。概念や関係諸理論を整理しながら、映像や事例、実際の教材・資料などを通して、開発援助/支援の現場におけるアプローチを考察する。 
In this course, we will deepen our knowledge of various terms, such as international development, international cooperation, sustainable growth, and peace. While sorting through various concepts, relationships, and theories, we will investigate the approach taken in areas that receive developmental aid/assistance through the use of videos and actual examples, as well as other practical teaching materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:本講義の目的と概要 
2. グローバリゼーションと社会構造 
3. 国際協力におけるセクターと役割 
4. 理論的枠組み①現代の貧困とは何か 
5. 理論的枠組み②国際社会と貧困 
6. グローバリゼーションと資源:食糧 
7. グローバリゼーションと人の移動 
8. グローバリゼーションと教育 
9. グローバリゼーションと紛争 
10. グローバリゼーションと人権 
11. グローバリゼーションと社会的排除 
12. 国際協力と市民社会① 
13. 国際協力と市民社会② 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題(英語文献/資料講読)に関しては、随時授業内で伝える。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
課題(10%×2回)(20%) 、出席兼コメントペーパーの内容(20%)
備考(Notes)
なお2/3以上の出席をしていない場合は、成績評価の対象としない。
テキスト
Textbooks
特になし。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 島﨑裕子  『人身売買と貧困の女性化』   明石書店  2018   
2. 勝間靖 編著  『国際開発論』   ミネルヴァ書房  2012   
3. 山田満 編著  『新しい国際協力論』   明石書店  2010   
その他(Others)
随時、授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP