シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HB137/文化地理学
(Cultural Geography) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
場所をめぐる文化のポリティクスを考える 
担当者 (Instructor) 松井 圭介(MATSUI KEISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N331(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRC2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2012年度以降1年次入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) HB137 



授業の
目標
Course
Objectives
文化地域,文化景観,文化生態,文化伝播等,文化地理学の基本的概念を理解させる。文化地理学の研究領域をまず示し,続いて具体的な事例や研究成果に即しながら文化地理学の基本的な概念を身につける。 
You will come to understand the basic concepts of cultural geography, such as cultural regions, cultural landscapes, cultural ecology, cultural diffusion, etc. I will first show you the research areas of cultural geography, and then you will learn the basic concepts of cultural geography based on specific case studies and research results. 
授業の
内容
Course
Contents
文化地域(等質地域と機能地域,頭の中の地域と空間),文化伝播(伝播概念の背景,文化圏と文化領域,空間的拡散),文化生態(環境決定論,環境可能論,環境認知論,心の中の景観),文化統合(統合体としての文化とその説明),文化景観(文化景観とは何か,その解読,形成と変容,心の中の景観)などに触れる。紹介する文献や簡単な実習などを通して,文化地理学のもつモノの見方・考え方を身につけることに主眼を置く。学期の後半には,テキストを用いて,教員自身の研究成果を踏まえ,現代における文化・観光地理学の諸相について講義する。 
We will touch on cultural areas (homogeneous area and functional areas, areas and spaces in mind), cultural propagation (background of propagation concept, cultural sphere and area, spatial diffusion), cultural ecology (environmental determinism, environment possibility theory, environment cognition theory, landscape in the heart), cultural integration (culture as an integrated body and its explanation), cultural landscape (what is a cultural landscape, its decipherment, formation and transformation, landscape in mind), and so on. Focusing on learning the perspectives and viewpoints of cultural geography, through the literature introduced and simple practical training. In the second half of the semester, lectures will use texts on various aspects of contemporary cultural and tourist geography based on the research results of the tutors themselves. 
授業計画
Course
Schedule
1. 文化地理学の基本概念(1):地理学の見方・考え方 
2. 文化地理学の基本概念(2):文化景観と自然景観 
3. 文化地理学の基本概念(3):文化生態と環境論 
4. 景観と環境から読み解く地域社会(1):五箇山・白川郷の集落景観と地域生態① 
5. 景観と環境から読み解く地域社会(2):五箇山・白川郷の集落景観と地域生態② 
6. 文化景観を読み解く(1):景観修景と場所のポリティクス① 
7. 文化景観を読み解く(2):景観修景と場所のポリティクス② 
8. 文化景観を読み解く(3):景観修景と場所のポリティクス③ 
9. ケーススタディ:観光戦略としての宗教(1):聖地の観光資源化をめぐるポリティクス 
10. ケーススタディ:観光戦略としての宗教(2):ホストの側の観光戦略 
11. ケーススタディ:観光戦略としての宗教(3):世界遺産への動き 
12. ケーススタディ:観光戦略としての宗教(4):創造される聖地&教会を訪れる人々 
13. ケーススタディ:観光戦略としての宗教(5):場所の商品化の課題 
14. まとめ:文化地理学の見方・考え方 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教員が指示した課題について積極的に取り組むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内レポート(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 松井圭介  観光戦略としての宗教   筑波大学出版会  2013  978-4-904074-26-8 
その他(Others)
講義時に指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 高橋伸夫ほか  文化地理学入門   東洋書林  1996  4-88721-086-8 
2. 中川正ほか  文化地理学ガイダンス   ナカニシヤ出版  2006  4-7795-0101-6 
3. 竹中克行ほか  人文地理学   ミネルヴァ書房  2009  978-4-623-05539 
4. 山崎孝史  政治・空間・場所   ナカニシヤ出版  2010  978-4-7795-0510-2 
5. 山中弘編  宗教とツーリズム   世界思想社  2012  978-4-7907-1565-8 
その他(Others)
講義時に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
担当教員HP:http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~human/geostaff.html 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP