シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(2年)B
(Seminar (2nd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
観光文学研究 
担当者 (Instructor) 福島 康博(FUKUSHIMA YASUHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N847(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 【2019年9月25日付変更】(変更理由:担当者変更のため)
担当者:舛谷 鋭→福島 康博 
テキスト用コード (Text Code) HB628 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習の総合テーマは「観光文学研究」である。紀行文や旅行記,トラベルライティング等を読み書きすることと,この学年では特に武蔵野や都内の文学ツーリズムが研究対象となる。 
The overall theme of this seminar is “Literature and Tourism". In this academic year the subjects of research are primarily literary travel, travel writing and literary tourism in Musashino and Tokyo. 
授業の
内容
Course
Contents
文学ツーリズムについて,関連研究を読むばかりでなく,春学期中の講読やフィールドワークを元に,作品読解にも取り組む。引き続き文学ツーリズムについて講義、講読を行い,各自テーマについての報告・討論を交える。 
Regarding literary tourism, we will not only read related researches, but also be working on reading literary works based on fieldwork during the spring semester. Lectures and reading continue on literary tourism, and students will discuss and report on their own themes. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション・情報検索講習 
2. 情報検索講習 
3. 文学ツーリズム講読 
4. 文学ツーリズム講読 
5. 文学ツーリズム講読 
6. 文学ツーリズム講読 
7. 文学ツーリズム講読 
8. 文学ツーリズム講読 
9. 個人テーマ報告・討論 
10. 個人テーマ報告・討論 
11. 個人テーマ報告・討論 
12. 個人テーマ報告・討論 
13. 個人テーマ報告・討論 
14. 個人テーマ報告・討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教場やオンラインのほか,議論を深めるためのプレゼン合宿や,実地確認するためのフィールドワークの準備と遂行について,主体的かつ積極的な関与が求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および参加状況(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 前田愛  幻景の街―文学の都市を歩く   岩波書店  2006  4006021100 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 前田愛  都市空間のなかの文学   筑摩/Kindle  1992  4480080147 
2. 前田・瀬戸内  対談紀行 名作のなかの女たち   岩波書店  2013  400602228X 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://masutani.biz 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP