シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UA574/観光社会学研究(2)
(Sociology of Tourism(2)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ローカルコミュニティー概念の再考 
担当者 (Instructor) 豊田 三佳(TOYOTA MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N842(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2018年度以降1年次入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) UA574 



授業の
目標
Course
Objectives
現代社会における観光は、いかにローカルコミュニティーを再編しているのだろうか? ジョン・アーリ、ブリュノ・ラトゥール、セルジュ・ラトゥーシュの理論を理解し、観光研究への具体的な応用を試みる。 
How is tourism in contemporary society restructuring local communities? Students will learn theories of John Urry, Bruno Latour and Serge Latouche, and try out to apply the theories to specific empirical research. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業ではジョン・アーリの「移動の社会学」、ブリュノ・ラトゥールの「アクターネットワーク理論」、セルジュ・ラトゥーシュの「脱成長(デクロワサンス)」の概念を文献の輪読を通して学び、その後、これらの理論的枠組み及び方法論の観光研究への応用の可能性を議論する。 
In this class, students will study the concepts such as John Urry’s “Mobilities,” Bruno Latour’s “Actor-Network Theory” and Serge Latouche’s “La Décroissance,” and then reflect on the possibilities of applying these theoretical frameworks and methods to tourism research. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 文献輪読 ジョン・アーリ(1) 
3. 文献輪読 ジョン・アーリ(2) 
4. 文献輪読 ジョン・アーリ(3) 
5. 文献輪読 ブリュノ・ラトゥール(1) 
6. 文献輪読 ブリュノ・ラトゥール(2) 
7. 文献輪読 ブリュノ・ラトゥール(3) 
8. 文献輪読 セルジュ・ラトゥーシュ(1) 
9. 文献輪読 セルジュ・ラトゥーシュ(2) 
10. 文献輪読 セルジュ・ラトゥーシュ(3) 
11. 発表とディスカッション(1) 
12. 発表とディスカッション(2) 
13. 発表とディスカッション(3) 
14. 総合討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ジョン・アーリ、ブリュノ・ラトゥール、セルジュ・ラトゥーシュに関する英文あるいは和文の文献を読み、基礎的な理解をしておくこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席・授業への参加度(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ジョン・アーリ  モビリティーズ:移動の社会学   作品社  2015  4861825288 
2. ブリュノ・ラトゥール  社会的なものを組み直す:アクターネットワーク理論入門   法政大学出版局  2019  4588010905 
3. セルジュ・ラトゥーシュ  脱成長〉は、世界を変えられるか――贈与・幸福・自律の新たな社会へ   作品社  2013  4861824389 
その他(Others)
特に指定しない。適宜案内する。
参考文献
Readings
適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP