シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2019 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UA579/観光地理学研究(1)
(Tourism Geography(1)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地図と観光研究 
担当者 (Instructor) 松村 公明(MATSUMURA KOUMEI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2018年度以降1年次入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) UA579 



授業の
目標
Course
Objectives
地理学の基盤となる読図と景観観察の方法を身につけ,履修者各自が目指す観光研究に活用・応用できるようにする。 
Students will become competent in the map reading and landscape observation methods that are fundamental to geography, and each student taking the course will become able to make use of and apply them to his or her own target research. 
授業の
内容
Course
Contents
地形図の判読をとおして,対象地域の地理情報を読み取る技法に触れながら,対象地域で実施する景観観察を交えて,地図に描かれた地理空間とその実際について考察する。 
While touching on reading methods of geographic information by deciphering topographic maps, students will consider geographic spaces depicted in maps and real ones by landscape observations made in the study areas. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 地形図と地図 
3. 地形図の基礎1 
4. 地形図の基礎2 
5. 新旧地形図の判読1 
6. 新旧地形図の判読2 
7. 地形図と景観観察1 
8. 地形図と景観観察2 
9. 地形図と景観観察3 
10. 地形図と景観観察4 
11. 観光研究における地図の活用・応用1 
12. 観光研究における地図の活用・応用2 
13. 観光研究における地図の活用・応用3 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
履修者各自が構想する修士論文の執筆に向けて,自らの研究対象地域(フィールド)の枠組みとなる適切な地図の選定・表現・記述の方法を修得するため,各自または合同で課題に取り組む。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度と課題への取り組み方(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 立教大学観光学部編  大学的東京ガイド   昭和堂  2019年  9784812218143 
その他(Others)
このテキストは,観光学研究科・大学院生には無料で配付される。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
履修者は2019年度春学期開講「観光地理学研究(2)」を同時履修することが望ましい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP