シラバス参照

科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VH836/観光地域経済論1
(Regional Economics for Tourism 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 高柳 寛樹(TAKAYANAGI HIROKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期1 (Fall Semester 1) 水曜日(Wed) G5時限 D302
秋学期1 (Fall Semester 1) 水曜日(Wed) G6時限 D302
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VH836 



授業の
目標
Course
Objectives
日本及び海外における観光地がどのように「IT前提経営®︎」を実践して顧客を呼び込み顧客満足と地域の収益拡大を図っているかを「働き方」の分析なども行いながら個別具体的に明らかにしていく。 
We will clarify specifically how tourist spots in Japan and overseas practice "Tech Driven Management ®︎" to attract customers and how to expand customer satisfaction and profit in the region, by analyzing "work style", etc. 
授業の
内容
Course
Contents
「IT前提経営®️」の提唱者である情報社会学者の担当者自からが地方地域のリゾート産業におけるIT実践による顧客獲得の実態とその格差に隠れる事実の分析を行いながら、成熟したリゾート経営に必要な次の変革について学生諸氏と共に議論を重ねる講義である。キーワードとして「リゾートインフラ整備(ハードとソフト)」「既存リソース」「IT前提経営®︎の実践による顧客獲得と顧客満足」「マスマーケティングからデジタルマーケティングへの展開」「高度なモビリティの実践」「富裕層の行動原理」「働き方と余暇認識」「人材不足とRPA」「AI×IoT×ビックデータ」などがあげられる。大学院講義のため講義形式よりはディスカッションベースを基礎とするため能動的な参加意識の無い学生の履修は避けて頂きたい。高い向学心をお持ちであれば予備知識は不要。距離によるやむを得ない欠席についてはテレカンでの講義参加を広く認める。 
This is a lecture in which the information sociologist person in charge, who is an advocate of "Tech Driven Management ®️", discusses with students the next change necessary for mature resort management, while analyzing the situation of customer acquisition through IT practice in the resort industry in the local area and the facts that are hidden in the gaps. Some keywords are “resort infrastructure development (hard and soft”, “existing resources”, “customer acquisition and customer satisfaction by the practice of Tech Driven Management ®”, “from mass marketing to digital marketing”, “advanced mobility practices”, “the principle of the wealthy”, "working style and leisure awareness”, “talent shortage and RPA”, “AI x IoT x big data”, etc. For graduate school lectures, students who do not have an active sense of participation should avoid taking the course because it is based on a discussion basis rather than the traditional lecture format. If you have a high sense of direction, no prior knowledge is required. Attending lectures via telelecture is encouraged for those who have to be absent from class due to distance. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクションと自己紹介(履修者の問題意識の共有とお互いの紹介) 
2. 教科書輪読などによる最低限のコンセンサス作り 
3. 「働き方」と「余暇」または「消費」と「余暇」の国際的な考え方の違いについての議論(「顧客は誰なのか」を明確にするために) 
4. 海外事例分析(1)(2) 
5. 国内事例分析(1)(2) 
6. 「IT前提経営®️」の基礎と「観光地域経済」への展開について 
7. 観光地域経済への実践的「IT前提経営®︎」の導入について 
8. 「テック・リテラシー」の有無とリゾート経営の成否について 
9. ゲストスピーカーA(未定)の招聘による講義内講演と議論 
10. マスマーケティングからデジタルマーケティングへの展開(ゲストスピーカーBと共に) 
11. 「IT前提経営®︎」時代に「観光地域経済」は成り立ち得るのか 
12. 実践的「観光地域経済論」の議論(1) 
13. 実践的「観光地域経済論」の議論(2) 
14. 実践的「観光地域経済論」の議論(3)と総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
当然ながら日々の鍛錬を要しレポート執筆や発表準備などは毎回あることを想定頂きたい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、最終レポート(Final Report)(20%) 、その他のレポート(20%) 、議論参加度(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 高柳寛樹  まったく新しい働き方の実践〜「IT前提経営」による「地方創生」〜   ハーベスト社  2017  978-4-86339-086-7 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ジョン・アーリ  モビリティーズ―移動の社会学   作品社  2015   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
担当者プロフィール:
https://hiroki.st/profile/ 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP