シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX412/租税法2
(Tax Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
企業課税(法人税、付加価値税、国際課税) 
担当者 (Instructor) 浅妻 章如(ASATSUMA AKIYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX412 



授業の
目標
Course
Objectives
 企業に課せられる法人税・消費税(講学上は付加価値税と呼ばれる)を体系的に勉強する。租税回避を勉強する。国際課税を勉強する。 
The objective of this course is the systematic study of the corporation tax and consumption tax (also called a value-added tax in scholarly circles) which are imposed on enterprises. Students will study tax avoidance. Students will study international taxation. 
授業の
内容
Course
Contents
 教科書の5章(法人税)、6章(消費税)、8章(国際課税)、2~3章(租税法の解釈等)を扱います。
 租税法を勉強する意義は,大きく言ってふたつあります。実学の側面と公平の側面です。第一に,民法・商法等で幾つかの法形式を教わったことと思いますが,その法形式の選択次第では税負担が重くなったり軽くなったりすることがあります。納税者の立場からは,どのようにすれば余計な税負担を負わないようにすることができるかを,課税する方の立場からは納税者が租税を免れようとする時に何を考えているのかを,学ぶ必要があります。この実学の側面は,主に解釈・運用の場面に関わります。
 第二に,税負担の配分は,どのようにするのが公平に適うかという哲学的な問いをも,租税法は含んでいます。何が公平かについて生の価値判断を述べることは法律家のよくするところではありませんが,公平について議論する際の考慮事項は,今後皆さんが主権者として政策決定に関わる際に知っておくべき事柄です。公平の側面は,主に立法論・政策論に関わります。 
The classes will cover Chapter 5 (corporation tax), Chapter 6 (consumption tax), Chapter 8 (international taxation), and Chapters 2 through 3 (interpretation of tax law) in the textbook.
Studying tax law has significance for two major reasons. There is the practical aspect and the fairness aspect. First, students are expected to have learned several legal forms in classes of Civil Law, Commercial Law, and etc., and the tax burden can be increased or decreased depending on the selected legal form. From the standpoint of the taxpayer, students have to learn how to not carry an excessive tax burden, and from the standpoint of the tax agency, students have to learn what the taxpayers are thinking when they try to avoid taxation. This practical aspect is primarily concerned with interpretation and implementation.
Secondly, tax law also includes the philosophical inquiry how distributive fairness of tax burden is approached. Lawyers do not frequently state concrete value judgments about what is fair, but students should understand the matters under consideration in debating fairness when they are in charge of deciding policy in the future. The fairness aspect is primarily concerned with legislative and political discussion. 
授業計画
Course
Schedule
1. 5章法人税(益金) 
2. 5章法人税(損金1) 
3. 5章法人税(損金2) 
4. 5章法人税(同族会社) 
5. 5章法人税(出資・分配・組織再編成) 
6. 6章消費税(仕組み) 
7. 6章消費税(政策論) 
8. 8章国際課税(国際的二重課税) 
9. 8章国際課税(非居住者・外国法人に対する課税) 
10. 8章国際課税(居住者・内国法人に対する国際的二重課税の排除) 
11. 8章国際課税(移転価格・過小資本・過大支払利子) 
12. 8章国際課税(タックスヘイヴン) 
13. 2~3章租税行政過程・租税争訟 
14. 3章租税法の解釈(租税回避) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 租税法は、会計や税務ではなく【法学】の一つとして勉強するものですので、民法・会社法・行政法など、法学部の基本科目について履修済みまたは並行して履修しておくことが望ましいです。租税法1履修は必須要件ではありませんが、租税法1履修済みであることが望ましいです。
 予習したい方→ http://www.rikkyo.ne.jp/web/asatsuma/sozeihou.html 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
第一レポート(35%) 、第二レポート(35%) 、第三レポート(30%)
備考(Notes)
【変更前】筆記試験(Written Exam)100%
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中里実他  『租税法概説3版』   有斐閣  2018  978-4-641-22756-9 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 金子宏  『租税法23版』   弘文堂  2019  978-4335315411 
2. 中里実他  『租税判例百選6版』   有斐閣  2016  978-4641115293 
3. 中里実・増井良啓  『租税法判例六法4版』   有斐閣  2019  978-4641001541 
4. 渡辺徹也  『スタンダード法人税法2版』   弘文堂  2019  978-4335357671 
5. 浅妻章如  『ホームラン・ボールを拾って、売ったら二回課税されるのか』   中央経済社  2020   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/asatsuma/kakokougi.html から過去問を見ることができます 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP