シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(2年)B
(Seminar (2nd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
文学における淺草 
担当者 (Instructor) 石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB632 



授業の
目標
Course
Objectives
観光現象を文学との接点から分析する。 
We will analyze tourism phenomena from references in literature. 
授業の
内容
Course
Contents
1890年代以降に日本語で書かれた小説作品を中心とする文献講読および討議を通じ,多様な観光現象がいかに日常に浸透し,われわれの思考や感情に影響を及ぼす「無意識」を形成しているか,考察する.また,土地を生成過程にある「作品」,そのモデル作者を「土地の精霊」と捉え,前者の社会的受容とそれを通じた「書き換え」のプロセスを実践的に学ぶ. 
We will consider how various tourist phenomena pervade everyday life and form "unconsciously", affecting our thoughts and emotions, through reading and discussing literature - primarily Japanese novels written after the 1890s. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読および討議1 
3. 文献講読および討議2 
4. 文献講読および討議3 
5. 文献講読および討議4 
6. 文献講読および討議5 
7. 文献講読および討議6 
8. 文献講読および討議7 
9. 文献講読および討議8 
10. 文献講読および討議9 
11. 文献講読および討議10 
12. 文献講読および討議11 
13. 文献講読および討議12 
14. 演習のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
演習で扱う文献および関連文献を読む.また,現地調査や資料収集を自主的に行い,演習にフィードバックする. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
演習への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
受講者と相談の上、決定する。
参考文献
Readings
演習で文献リストを配付する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本年度は、文学における淺草を主要テーマとして設定する。演習の進め方については、受講者と相談して決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP