シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
NM721/租税法特別演習
(Special Seminar on Tax Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浅妻 章如(ASATSUMA AKIYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
JUR6720 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) NM721 



授業の
目標
Course
Objectives
 講義で充分に扱いきれなかったケース等(主に『ケースブック租税法』による)を取り上げてケーススタディを行ない,更に租税法に習熟することを目指す。民法・商法等で様々な取引を学ぶと思うが,そうした取引に際し,租税法上どのような問題が生じそうであるか,という勘を養わねば,実際の取引を仕組むことは大変危険である。租税回避のポイント(納税者側も課税庁側も熟知する必要がある)として,所得(租税属性)を有利なものに移転する,という感覚を身につけてほしい。 
授業の
内容
Course
Contents
 租税法の問題を考えるには,或る取引がある場合に,お金の支払側と受け手側の両方の税務上の扱いを考える癖をつけるべきである。とりわけ,試験作成者がしばしば問題にしたがるのは,受け手側で課税がなされるのに,支払側でも経費・損金への算入が認められず,二重課税が発生する可能性がある場面である。また,プラス項目とマイナス項目を分けて考える癖をつけるべきである(特に,法人税法の場合,それぞれ益金と損金に該当するか否か考えることになる)。所得概念がどのように構成されているかを踏まえ,上記のような癖を身につけることが出来れば,実務でも調べるべき法条にアクセスしやすくなるであろう。諸般の事情により例外的に2019-2020年度はNM519租税法と同じ期に開講するので開講時期に注意されたい。 
授業計画
Course
Schedule
1. 111.01, 131.01大嶋訴訟
140.02パチンコ球遊器事件
125.01土地譲渡損失損益通算否定事件 
2. 164.02相互売買事件
164.04外税控除余裕枠事件
164.05パラツィーナ事件 
3. 234.04弁護士夫婦事件
213.02歯科医院親子共同経営事件
234.01鉄骨財取得価額事件 
4. 211.02利息制限法違反利息事件
231.03高松市塩田宅地事件
323.03株式会社エス・ヴィ・シー事件 
5. 223.03通勤定期券課税事件
232.01雑所得貸倒分不当利得返還請求事件
232.03仙台家賃増額請求事件 
6. 221.03鈴や金融株式会社事件
323.02東光商事株式会社事件
241.01岩手リゾートホテル事件 
7. 211.04年金払い生命保険年金二重課税事件
223.01, 224.01弁護士顧問料事件
224.02会社取締役商品先物取引事件 
8. 222.01榎本家事件
222.02名古屋医師財産分与事件
222.03サラリーマン・マイカー訴訟 
9. 222.04川之江市井地山造成地事件
222.05支払利子付随費用判決
222.06ゴルフ会員権贈与事件 
10. 222.07譲渡所得の応用問題
222.08浜名湖競艇場用地事件
231.02賃貸用土地贈与事件 
11. 321.03大竹貿易会社事件
324.04興銀事件
324.05日本美装株式会社事件 
12. 322.02南西通商株式会社事件
322.03清水惣事件
322.05オウブンシャホールディング 
13. 325.02太洋物産売上値引事件
325.03PL農場事件
312.03ネズミ講事件 
14. 123.01丸中縫工株式会社事件
340.02南日本高圧コンクリート事件
340.03株式会社塚本商店事件 
15. 源泉徴収及び平成29年以後重要裁判例 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
租税法講義を受講済みであることが望ましいです。
中里実他編著『租税法概説』の所得税・法人税(地方税・組織再編等除く)をマスターしていることが望ましいです。
初回,3事件について予習しケースブックの課題を解いてきてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業毎の予習の程度(50%) 、授業への積極的参加の程度(50%)
備考(Notes)
授業への出席率が70%未満の者は不合格となる。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 金子宏他  『ケースブック租税法5版』   弘文堂  2017  978-4-335-30517-7 
2. 中里実他編著  『租税法概説3版』   有斐閣  2018  978-4-641-22756-9 
3. 中里実・増井良啓  『租税法判例六法4版』   有斐閣  2019  978-4641001541 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 金子宏  『租税法23版』   弘文堂  2019  978-4335315411 
2. 中里実他  『租税判例百選6版』   弘文堂  2016  978-4641115293 
3. 佐藤英明  『スタンダード所得税法2版補正版』   弘文堂  2018  978-4335357466 
4. 渡辺徹也  『スタンダード法人税法2版』   弘文堂  2019  978-4335357671 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/asatsuma/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP