シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
アジア地域での平和構築                 新座(Niiza)
(Peace Building in Asia) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ユン・ドンジュとその時代 
担当者 (Instructor) 呉 吉煥(OO KIRUHAN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N311(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH022 



授業の
目標
Course
Objectives
ユン・ドンジュ(1917~1945)は、日本の植民地時代の朝鮮を代表する詩人の一人で、『序詩』をはじめとする数々の作品は日本でもよく知られている。またユン・ドンジュは、戦時中の立教大学に留学していたことがあって立教との縁も深い。講義では、詩人ユン・ドンジュと彼が生きていた植民地時代を含む朝鮮半島の近現代史について、基礎的な知識を習得しながらその理解を深め、近現代の朝鮮半島についての具体的なイメージ作りのための土台を提供することを目標とする。 
Yoon Dong-ju (1917-1945) was one of the leading Korean poets during the Japanese colonial era. His works, such as "Prologue," are well known in Japan. He studied in Japan during the war and was enrolled at Rikkyo University, so he has a deep connection with Rikkyo. This lecture about the modern history of the Korean peninsula, including Yoon Dong-ju and the colonial era in which he lived, provides a foundation for deepening understanding of the Korean modern society and creates a concrete image while acquiring basic knowledge about Korean contemporary history studies.  
授業の
内容
Course
Contents
近代朝鮮の歴史は日本との関係を抜きにしては語ることができないが、それは近代日本の歴史を語る場合にも同様である。授業では、近代朝鮮と日本との関係やユン・ドンジュに触れながら19世紀の開国前後から植民地時代、解放、分断、戦争、軍事政権時代を経て民主化に至るまでの朝鮮半島の近現代史を概観していく。 
The history of modern Korea cannot be described without relation to Japan; similarly, modern Japan can not be explained without Korea. This course will explore the relationship between modern Korea and Japan and poet Yoon Dong-ju, to give an overview of the modern history of the Korean Peninsula, from the opening of the country in the 19th century to the colonial era, liberation, division, war, military administration, and democracy. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス(ユン・ドンジュについて、朝鮮近現代史の時期区分など) 
2. 十九世紀の朝鮮 
3. 朝鮮の開国 
4. 甲午農民戦争と大韓帝国 
5. 朝鮮の植民地化 
6. 日本の植民地支配下の朝鮮  
7. ユン・ドンジュとその時代  
8. 解放と南北の分断  
9. 朝鮮戦争と四・一九学生革命  
10. 軍事政権の成立と日韓国交正常化 
11. 軍事独裁政権下の韓国 
12. 一九六〇~七〇年代の韓国社会 
13. 韓国の民主化 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習として、朝鮮近現代史を概説した朝鮮史の文献(参考文献など参照)を読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
毎授業時のリアクションペーパーの内容(40%)
テキスト
Textbooks
テキストは特に指定しない。毎回の授業時にプリントと資料を配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊吹郷  『空と風と星と詩』   影書房  1984  4-87714-064-6 
2. 宋友恵  『尹東柱評伝』   藤原書店  2009  978-4-89434-671-0 
3. 武田幸男編  『朝鮮史』   山川出版社  2000  4-634-41320-5 
4. 梶村秀樹  『朝鮮史-その発展』   明石書店  2007  978-4-7503-2575-0 
5. 田中俊明編  『朝鮮の歴史-先史から現代』   昭和堂  2008  978-4-8122-0814-4 
6. 文京洙  『新・韓国現代史』   岩波書店  2015  978-4-00-431577-3 
7. 木宮正史  『国際政治のなかの韓国現代史』   山川出版社  2012  978-4-694-64056-6 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
原則として全授業回対面授業を実施する予定 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP