シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA327/都市政策特論1
(Special Lecture on Urban Policy Studies1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
都市と地域の経済学  
担当者 (Instructor) 香川 涼亮(KAGAWA RYOSUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 5212(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5420 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) QA343都市政策特殊講義1と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) KA327 



授業の
目標
Course
Objectives
・経済学の理論的枠組みに沿って、都市と地域に関する諸問題を分析できるようになる。
・都市と地域の経済学に関する考え方を、論理的に説明できるようになる。 
To be able to analyze various problems related to cities and regions in accordance with the theoretical framework of economics.
To be able to logically explain the concept of economics of cities and regions. 
授業の
内容
Course
Contents
都市経済学の基本概念と理論的枠組みをカバーしたテキストを演習形式で学ぶ。導入として経済活動の分布は空間的に不均一であることを確認する。前半では都市経済学の枠組みにおいて、都市内構造および複数都市間の規模の関係を考察する。後半では空間経済学を用いて、経済活動の分布(集積が起きる理由)をヒト・モノの流れを内生化して説明できることを理解する。
授業においては、受講者によるプレゼンテーションおよび、活発な議論を重視する。使用するテキストや授業の内容は、受講者の理解度や関心領域によって変更することがある。 
This course is a seminar-style study of texts dealing with the basic concepts and theoretical framework of urban economics. As an introduction, we will confirm that the distribution of economic activities is spatially heterogeneous. In the first half of the course, we will examine the relationship between intra-city structure and scale among multiple cities in the framework of urban economics. In the second half, we will use spatial economics to understand that the distribution of economic activity (the reason why agglomeration occurs) can be explained by endogenizing the flow of people and goods.
In class we emphasize presentations by students and active discussions. The textbook used and the content of the class may be changed depending on the level of understanding of the students and their areas of interest. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction: A Spiky World 
2. Geo-Human Interaction (1) 
3. Geo-Human Interaction (2) 
4. Space Within Cities (1) 
5. Space Within Cities (2) 
6. Space Within Cities (3) 
7. City Systems (1) 
8. City Systems (2) 
9. The Core Model (1) 
10. The Core Model (2) 
11. The Core Model (3) 
12. Extensions of the Core Model (1) 
13. Extensions of the Core Model (2) 
14. Extensions of the Core Model (3) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・学部レベルのミクロ経済学を習得していることが望ましい。
・予習として毎回テキストを精読し、授業内での議論に備えること。
・復習として授業内で課す練習問題を解き、説明できるようにすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内での報告や議論への貢献(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Steven Brakman, Harry Garretsen and Charles van Marrewijk  An Introduction to Geographical and Urban Economics: A Spiky World 3rd. edition   Cambridge University Press  2019  978-1108407366 
その他(Others)
英文のテキストを利用するが、適宜和文の資料を紹介して受講者の理解に資する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 門川和男  『例題で学ぶ 地域経済学入門』   学術研究出版  2020  978-4-86584-443-6 
2. 神取道宏  『ミクロ経済学の力』   日本評論社  2014  978-4-535-55756-7 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP