シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UA580/観光地理学研究(2)
(Tourism Geography(2)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地理情報と地図作成 
担当者 (Instructor) 杜 国慶(DU GUOQING) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) N823(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UA580 



授業の
目標
Course
Objectives
 地理学の基本概念から具体的応用例まで系統的に理解する。観光の空間的重要性を体系的,包括的方法で学習することを目的とする。 
 Students will gain a systematic understanding ranging from the basic concept of geography to its specific applications. The class aims to have students systematically and comprehensively learn about spacial emphasis of tourism. 
授業の
内容
Course
Contents
 地理学の基礎から,国内外における地理情報の整備と利用について学び、地図の作成技法を身に付ける。近年地理学から始まり,数多くの研究分野で注目を集めているGIS(地理情報システム)の仕組みと操作方法を体験し,各自の学習に応用させていく。 
 Students will learn knowledge ranging from the basics of geography to the collection, preparation, and use of geographic information in both Japan and abroad, and acquire skills to create maps. Students will experience the structure and operation procedures of GIS (Geographic Information System), which was introduced by modern geography and has received attention in many research areas in recent years, and will apply their experiences to their own learnings. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 地理情報とは 
3. 地理情報の情報源 
4. 地理情報と地図 
5. 地理情報の表現法1 
6. 地理情報の表現法2 
7. 地図作成実習1 
8. 地図作成実習2 
9. 地図作成実習3 
10. 地図作成実習4 
11. 地理情報システム(GIS)実習1 
12. 地理情報システム(GIS)実習2 
13. 地理情報システム(GIS)実習3 
14. 地理情報システム(GIS)実習4 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外に文献研究やデータ分析をするので,十分な学習時間を確保して臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業での報告・討議(30%) 、授業外での資料作成(収集と分析など)(30%) 、地図作成(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
立教時間を利用する 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP